お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

【男性編】日本人でよかったと思う、アメリカの変な法律ランキング―1位 車の中で飲食してはいけない(コネチカット州)

アメリカ発のニュースで、驚くような判決が出たという話を聞いたことはあるのでは? その判決の根拠はもちろん法律ですが、日本人には不思議に思える法律も。ちょっと変わったアメリカの法律について、読者の男性364名にアンケートをしてみました。

【【女性編】本当にありそうな伝説が残る湖ランキング「1位 河口湖」】

Q.日本人でよかったと思う、アメリカの変な法律を教えてください(複数回答)
1位 車の中で飲食してはいけない(コネチカット州) 34.3%
2位 音痴は違法(ノースカロライナ州) 27.2%
3位 木曜日の18時以降、公共のスペースでオナラをしてはいけない(フロリダ州) 21.4%
4位 雪合戦したら逮捕(ミズーリー州) 17.0%
5位 核爆弾を爆発させたときの罰金は500ドル(カリフォルニア州) 16.8%

■車の中で飲食してはいけない(コネチカット州)

・「安全性のためなんだろうけど、車の中で飲食禁止なのは困る」(25歳/建設・土木/技術職)
・「車の食事って楽しいのに、かわいそう」(45歳/情報・IT/事務系専門職)
・「旅行中は、そういうのも楽しい」(29歳/その他/専門職)

■音痴は違法(ノースカロライナ州)

・「だれが判断するんでしょうね。自分が音痴なので……怖い」(47歳/医療・福祉/専門職)
・「音痴なのでこれだけは許容できない」(47歳/情報・IT/技術職)
・「音痴なだけで違法なんてひどすぎる」(29歳/電機/技術職)

■木曜日の18時以降、公共のスペースでオナラをしてはいけない(フロリダ州)

・「出てしまうときもある」(29歳/情報・IT/技術職)
・「生理現象だからしかたがない」(46歳/建設・土木/技術職)
・「地方自治が良いとは限らないのだなと思う」(40歳/情報・IT/技術職)

■雪合戦したら逮捕(ミズーリー州)

・「日本では確か競技にもなっているはず」(35歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「楽しくて危険も少ないのに」(36歳/小売店/販売職・サービス系)
・「雪国育ちの自分にとって冬場の遊びの定番」(32歳/学校・教育関連/専門職)

■核爆弾を爆発させたときの罰金は500ドル(カリフォルニア州)

・「罰金のレベルではすまないと思う」(36歳/通信/技術職)
・「核爆弾ありきが、前提なんて」(46歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「ほんとに適用されることがあるのか疑わしい」(40歳/小売店/事務系専門職)

■番外編:なぜ禁止?

・隣人に掃除機を貸すのは禁止(コロラド州)「意味不明だから」(43歳/電力・ガス・石油/営業職)
・動物のモノマネ禁止(フロリダ州)「こんな法律があったら違反者ばっかりになる」(26歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・宇宙人からもらった銃の使用を禁ずる(マサチューセッツ州)「現実にいない生物なのでおかしいと思う」(30歳/機械・精密機器/技術職)

1位は「車の中で飲食してはいけない(コネチカット州)」でした。自動車社会のアメリカの法律ですから、取り決めた際には何か理由があるのでしょう。日本ではつらいですね。2位は「音痴は違法(ノースカロライナ州)」。

おそらく、教会の聖歌を歌う際などに、邪魔をしようとワザと音程を外して歌った人がいたのでは?

3位は「木曜日の18時以降、公共のスペースでオナラをしてはいけない(フロリダ州)」がランクイン。生理現象を禁じられては困ります。木曜日の18時以降になにかしらのイベントが開催されていたのでしょうね。

4位は「雪合戦したら逮捕(ミズーリー州)」。逮捕までしなくて良いのに、という印象を受けます。5位は「核爆弾を爆発させたときの罰金は500ドル(カリフォルニア州)」ちなみに、カリフォルニア州では「蝶をいじめたら500ドルの罰金」というのもあるそう。

核爆弾と蝶が同じ過料という所が面白いですね。

改正問題で今話題の日本国憲法は、アメリカ人の手によって作られたもの。そういう意味では、アメリカ式の法律に慣れ親しんでいる日本人ですが、ここまで常識を逸脱していると驚きますね。成立時には何か事件・事故があったのでしょうか。

見直されずに今に至っているとすれば、さまざまな問題がありそうです。

(文・OFFICE-SANGA 秋田茂人)

調査時期:2013年5月18日~2013年5月22日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性364名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]