お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

SFC版ゼルダの伝説あるある「ニワトリ相手に瀕死」「手当たり次第木にアタック」

1986年に第1作目が発売され、今では世界中に多くのファンを持つ人気アクションRPG『ゼルダの伝説』シリーズ。いくつもあるシリーズ作品の中でも、1991年にスーパーファミコン用ソフトとして発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』は、人気の高い作品です。

【女性に見られたくないゲームとは?「恋愛シミュレーションゲーム」「ラブプラス」】

神々のトライフォースが「最初にプレーしたゼルダ」という人も多いのではないでしょうか? 今回は、この『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』あるあるを紹介します。

●ニワトリに逆襲されて瀕死になる。(31歳/男性)

いじめてはいけません(笑)。

●手当たり次第草刈り。(30歳/男性)

ルピーを探しましたね。

●手当たり次第木に体当たりをする。(30歳/男性)

目に付く木に次々と……。

●ロムのバージョンによってバグ技ができるものとできないものががあった。(33歳/男性)

そういう話ありましたね。実際はどうだったのかは覚えていませんが。

●草刈りでいきなり妖精が出てくるとちょっと驚く。(35歳/男性)

慣れると虫取り網で「エイ!」です。

●デッドロックの倒し方が分からない。(31歳/男性)

倒すのにコツがいる敵が多かったですよね。デッドロックは固まったら無視です。

●闇の世界が、思ったよりもおどろおどろしかった。(33歳/女性)

そこでプレーをやめた人も……。

●ムーンパールを取り忘れ、ウサギのままになる。(29歳/男性)

取り忘れている人はどうにもできませんでした。

●クリア後に表示される点数を0にするためにノーセーブでプレーしてみる。(33歳/男性)

あの数字が何なのか、ずっと謎でした。

●ミニゲームにハマる。(32歳/男性)

ハートのかけらがもらえたりしますから、むきになってやってしまいます。

●あと一つでハートのかけらが四つになるときは、冒険そっちのけでかけら探しをしてしまう。(35歳/男性)

そのままだとなんだか気持ち悪いですよね。

●どこを探してもハートのかけらが集まらない。(31歳/男性)

取り忘れると大変なことに!

●主人公がゼルダだと思っていた。(34歳/女性)

プレーしたことのない人だと、こう思っている人は多いかもしれません(笑)。

以上、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』のあるあるでした。新作の『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』も発売されましたし、この機会にプレーしてみてはいかがですか?

(貫井康徳@dcp)

お役立ち情報[PR]