お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

【女性編】楽しそうだけど、実際にやるのは不可能そうな旅番組の企画ランキング―2位 田舎に泊まろう!(テレビ東京)

これまで数多くの旅番組が放映されてきましたが、画面を通してでも大変さが伝わる旅もありますよね。そこで、404名の読者の女性に、楽しそうだけど、実際にやるのは不可能そうな旅番組の企画についてアンケートしてみました。

【ファミリーにオススメ!こだわりの「キャラクタールーム」で、特別な旅を楽しもう!】

Q.楽しそうだけど、実際にやるのは不可能そうな旅番組の企画を教えてください(複数回答)
1位 ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅(日本テレビ「電波少年」:猿岩石) 29.9%
2位 田舎に泊まろう!(テレビ東京) 15.8%
3位 アフリカ・ヨーロッパ大陸縦断(日本テレビ「電波少年」:チューヤン、伊藤高史) 15.6%
4位 世界ウルルン滞在記(毎日放送) 13.4%
5位 南北アメリカ大陸縦断(日本テレビ「電波少年」:ドロンズ) 13.1%

■ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅(日本テレビ「電波少年」:猿岩石)

・「テレビで見たとき、自分だったら絶対無理だと思ったから」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「昔、テレビで見た時は感動したけど、実際は命がけな気がするし、長期だから辛そう」(28歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「おもしろそう」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

■田舎に泊まろう!(テレビ東京)

・「泊れなかったときのリスクが高いと思うからです」(23歳/ソフトウェア/技術職)
・「芸能人だから泊めてもらえる気がする」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「人見知りなので」(26歳/情報・IT/技術職)

■アフリカ・ヨーロッパ大陸縦断(日本テレビ「電波少年」:チューヤン、伊藤高史)

・「電波少年は放送しているときからすごいなーと思っていました。チャレンジしている人たちの身なりがだんだん汚くなっていくのがすごいリアルでした。やれといわれたら絶対無理だと思います」(23歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「いってみたい」(29歳/建設・土木/事務系専門職)
・「体力持たなさそう……」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

■世界ウルルン滞在記(毎日放送)

・「言葉が通じないところはむり!」(24歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「アマゾンの原住民族のうちへ滞在とか、テレビを見ている分には良いが、実際にやるのは費用も安全面でも絶対に無理だと思う」(26歳/金融・証券/事務系専門職)
・「森林で生活したり虫を食べたり困難すぎるから」(27歳/ソフトウェア/事務系専門職)

■南北アメリカ大陸縦断(日本テレビ「電波少年」:ドロンズ)

・「海外横断系は英語力と体力が相当必要だと思うので」(27歳/印刷・紙パルプ/技術職)
・「海外でヒッチハイクは不可能に近いと思う」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「電波少年の企画は命がけだと思った。個人だったら危なすぎ」(46歳/その他)

■番外編:タレントだからできるのでは?

・ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅(テレビ東京「土曜スペシャル」:太川陽介、蛭子能収など)「途中でおしりが痛くなりそう」(23歳/小売店/販売職・サービス系)
・世界で一番盛り上がるのは何祭り?(日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」:宮川大輔)「見るだけでお腹いっぱい。宮川さん大変そう」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・モヤモヤさまぁ~ず2(テレビ東京:さまぁ~ずなど)「あんなに面白おかしくぶらぶらできない。さまぁ~ずだからこそ」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

1位になったのは、「ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅」でした。毎週、ハラハラドキドキしながら観ていた人も多かったようです。それを自分がやるとなると、やはり「勘弁して」という気持ちになるのでしょう。

2位は「田舎に泊まろう!」でした。もし自分の家に見知らぬ人が訪ねてきたら、泊めるかどうかを考えると、一般人にはとても無理。まったく見知らぬ人が、突然に家を訪ねて来ても、泊めるのは勇気がいりますよね。

3位「アフリカ・ヨーロッパ大陸縦断」も「電波少年」の企画。大陸をヒッチハイクで旅することへの抵抗が大きかったようです。距離も膨大になりますから、それだけ仕事を休めないという現実的な意見も多く見られました。

4位「世界ウルルン滞在記」は、食べものに対する不安があるのが特徴的。5位「南北アメリカ大陸縦断」は、長大な距離とさまざまな国を通過するのが大変そうだという現実的な意見が多かったです。外国旅行は言葉を含めて、ハードルが高く感じるのは仕方ないことかもしれませんね。

(文・OFFICE-SANGA 繁原稔弘)

調査時期:2013年5月18日~2013年5月22日
マイナビウーマン調べ
調査数:女性404名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]