お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

【女性編】他人の会話の内容が気になるときランキング―2位 カフェなどの隣の席の会話

加わりたいと思っている訳ではないけれど、遠くからの会話が気になって、つい聞き入ってしまったことはありませんか? 一人のときだと手持ち無沙汰だから、なおさら会話が耳に入るのかもしれません。皆さんは、そんなときどうしているのでしょうか? 読者の女性548名に聞いてみました。

【女性が浮気するのはものすごくささいな理由―「靴下をはいたままエッチする」】

Q.他人の会話の内容が気になるときはどんなときですか?(複数回答)
1位 自分を見ながら話している人を見たとき 32.9%
2位 カフェなどの隣の席の会話 30.7%
3位 職場の休憩室で集まっている人たちを見かけたとき 27.7%
4位 電車の中での会話 23.9%
5位 飲み会で離れた席が盛り上がっているとき 19.0%

■自分を見ながら話している人を見たとき

・「自分を見ながら話している人を見たときは、何を言われているのか気になって仕方がない」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「特に自分を見られながら話をされると、本当に気になります。悪いことかと思ってしまいます」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「顔にでも何かついているのかと思ってしまうから」(23歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

■カフェなどの隣の席の会話

・「カフェで待ち合わせのときなど、ついつい待っている時間で声が大きい隣の会話を聞いてしまう」(37歳/金融・証券/営業職)
・「自分が一人で行動しているときは、だいたいほかの人の話が気になります」(26歳/その他/クリエイティブ職)
・「けっこう面白い話をこちらに聞こえる大きさで話しているので、良い意味で気になる」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

■職場の休憩室で集まっている人たちを見かけたとき

・「情報収集が職場内コミュニケーションのカギだったりもします……」(29歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「自分の悪口だったら嫌だなぁと思ってしまう」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「同僚など毎日顔を合わせる人たちの会話だと気になる」(24歳/医療・福祉/事務系専門職)

■電車の中での会話

・「通勤時の電車内の会話が気になります」(24歳/不動産/秘書・アシスタント職)
・「電車の中でウトウトしていて、隣に座った大学生が彼氏と別れるか別れないかの相談を友達にしていたので、ついつい気になって寝たふりをしながら聞いてしまった」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「時間を持て余しているので、退屈しのぎを探しているから」(24歳/医療・福祉/事務系専門職)

■飲み会で離れた席が盛り上がっているとき

・「飲み会で離れた席が盛り上がっているときは、私も入れて~と思ってしまう。そう思うのはたいがい自分の席の会話が盛り上がっていないときです」(30歳/商社・卸/事務系専門職)
・「ほかのグループから聞こえてきたことが、自分たちのグループのネタになることがよくある。例えば芸能人とかニュースとか」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「自分の周りも盛り上げなければいけないと思って焦ってしまう」(22歳/情報・IT/技術職)

■番外編:盗み聞きするつもりはないけれど……

・「たまたま聞こえた内容が面白そうだったら続きが気になりますが、あまり他人の会話に興味はありません」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)
・隣の家から声が聞こえるとき「『うるさい!』と子供を叱る声が毎日聞こえてきます。『あんたがうるさいよ』と突っ込みたくなります」(28歳/情報・IT/事務系専門職)
・エレベーターの中「あえて今話さなくてもいいと思うのですが」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

1位は「自分を見ながら話している人を見たとき」でした。もしかしたらうわさや悪口を言われているのかもしれないと思うと、いてもたってもいられません。3位「職場の休憩室で集まっている人たちを見かけたとき」も同様に、もしかしたら自分のことかも……と気になってしまいますよね。

5位「飲み会で離れた席が盛り上がっているとき」は、他人の芝生は……と言った感じでしょうか。ほかのグループの会話を気にしてしまう人もいるようです。飲食店では、見知らぬ人たちの会話にあふれています。つい聞き耳を立ててしまっても仕方がありません。

こっそり聞いているだけで、話に参加できないのに、つい聞いてしまう他人の会話。ひょっとしたら、あなたも気づかないうちに他人に聞かれているかもしれません。周囲に知っている人がいないからと安心せず、話題を選んで話す方が良いと感じました。

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)

調査時期:2013年5月14日~2013年5月22日
マイナビウーマン調べ
調査数:女性548名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]