お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

成人式あるある「ワルだった人は大体『はかま』」「飲み会までが長い」

2014年の成人式は1月13日です。筆者にとってははるか昔のことですが、成人式当日に高熱を出し、結局寝込んでおしまいという悲しいものだったのを覚えています。ただ、成人式後の集まりなどは面倒だったので、それはそれで良かったのかも。

【いま若者の中で和装が熱い!おしゃれな「着物女子」が急増中】

さて今回は、成人式にまつわる「あるある」を紹介します。

●笑いを取ろうとして寒いことを言ったりやったりする市長。(30歳/男性)

あまり奇をてらいすぎるのも考えものです。

●不良だった友達はだいたいはかまで登場。(24歳/男性)

あれ、なぜなんでしょうね?

●男子が髪の毛をキメすぎて、売れないホストみたいになる。(25歳/女性)

ツンツンに立てたりしますね。

●成人式と関係ない人たちが目立つためだけに集まってくる。(30歳/男性)

騒ぎたいだけの人が集まりやすいです。

●仲のいいやつで集まったりするが、その中に帰省組は入りづらい。(29歳/男性)

話もついていけなかったりします。

●夜の飲み会までの空き時間が地味に長い。(28歳/男性)

一回家に帰ると、途端に面倒になります。

●浦安市の成人式がうらやましい。(23歳/女性)

ディズニーランドなんですよね?

●田舎だとお母さんになっている同級生が多くて驚く。(25歳/男性)

子連れで参加する女性もいましたね。

●再会した同級生といい感じになれるかと淡い期待を抱く。(27歳/男性)

まず何もありません。

●電話番号やメルアドをすごい勢いで交換するも、その後連絡はほとんどしない。(31歳/男性)

接点がなくなりますから、連絡することもないでしょう。

●「あの子かわいくなったなぁ」と思う子は式後に彼氏が車で迎えに来る。(29歳/男性)

悲しい瞬間ですよね……。

以上、成人式にまつわる「あるある」たちでした。共感できるあるあるネタは挙がっていましたか?

(貫井康徳@dcp)

お役立ち情報[PR]