お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

【男性編】面接で何と答えるのが正解なのか悩んでしまう質問ランキング―1位 趣味は?

入社前には、必ずと言っていいほど通る道があります。それは「面接」。会社によっては目の前にズラリと重役が並び、威圧的な雰囲気の中、進む場合もあるでしょう。その場でされる「質問」に、正しい正解はあるのでしょうか? 読者の男性413名に聞きました。

【モテ期到来の予兆アリ? あなたの「モテ株」診断】

Q.面接で何と答えるのが正解なのか悩んでしまう質問を教えてください(複数回答)
1位 趣味は? 17.4%
2位 志望動機は? 16.5%
3位 心理テストのような質問 15.7%
4位 何か質問はありますか? 15.2%
5位 希望年収 12.6%

■趣味は?

・「間違ってもパチスロとは言えない……」(28歳/自動車関連/営業職)
・「ないので困ってしまう」(28歳/情報・IT/技術職)
・「オタクな趣味なので、ハッキリと言っていいものかどうか悩む」(30歳/機械・精密機器/技術職)

■志望動機は?

・「自宅に近くて給与がそれなり、なんて言えませんよね」(46歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「志望動機なんてない。生活のために金を稼ぎたいから」(31歳/その他)
・「なんとなく良いな、と思って受けに行くのがほとんどだから説明に困る」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

■心理テストのような質問

・「何の意図を持っているのか考えてしまう」(29歳/情報・IT/技術職)
・「正解がないから答えに困る」(31歳/機械・精密機器/技術職)
・「聞く意味がわからん」(37歳/不動産/営業職)

■何か質問はありますか?

・「質問がない場合など、どう対応すればいいのかわからないことがあった」(24歳/小売店)
・「最後に必ず来る質問ですよね。でも、質問した方がいいのか、それとも意気込みを述べた方がいいのか、悩んでいました」(29歳/運輸・倉庫T/技術職)
・「聞いてもいい質問・悪い質問があると思うから」(25歳/通信/技術職)

■希望年収

・「正直に答えたいが……」(41歳/医療・福祉/専門職)
・「大抵は答えられますが、希望年収だけは適正値がわからないので困る」(52歳/電機/技術職)
・「フリーターなのに年収500万円とか、答えられるわけがない」(35歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

■番外編:正直者はバカをみる?

・仕事以外で興味関心のあることは?「何を聞きたいのかよくわからないから」(33歳/その他)
・長所・短所「正直に言うとバカをみる」(35歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)
・いままで大きなミスをしたことがありますか?「面接で本当のことは言えない」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

1位は「趣味は?」でした。「特にないから」と回答した人がいる一方で、「パチスロ」「オタク系」など、あまり人に言いたくない趣味を持っている人は、困ってしまうようです。履歴書にも趣味を書く欄がありますが、何のために質問するのでしょうね。

2位は「志望動機は?」でした。中途採用やキャリアアップ目的での転職の場合、その多くが「給料アップ」でしょう。外資系企業であれば堂々と言っても構わないのでしょうが、国内企業ではお金の話をタブーとする風習がありますからね。

3位は「心理テストのような質問」でした。その人の性格的な部分を聞き出すことが目的なのでしょう。でも、就職希望者もそのことは重々わかっています。お互いが探りあいのような意識を持つようです。

ランキング外のコメントを見ても、「面接で本当のことは言えない」といったコメントがほとんど。実際に面接では、本当のことを言った方がよいのでしょうか? それとも、お手本のような回答をした方がよいのか……。面接官の経験者に、ぜひ聞きたいものです。

(文・OFFICE-SANGA 杉山忠義)

調査時期:2013年5月14日~2013年5月22日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性413名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]