お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

【男性編】覚えておきたいショートカットキーランキング―1位 Ctrl+C(コピー)

パソコンを仕事で使用する機会が多いこの時代。確実性とともに、合理性を求められることが多くなりました。そんなときに覚えておくと便利なのがショートカットキー。その中で使えると思うものを読者の男性413名に聞いてみました。

【みんなが、今後役立つと思っている資格はどれ? 働く女性に聞いた「2009年こそ取得したいと思う資格」ランキング】

Q.覚えておきたいショートカットキーを教えてください(複数回答)
1位 Ctrl+C(コピー) 60.3%
2位 Ctrl+V(ペースト:貼り付け) 45.8%
3位 Ctrl+A(全選択) 35.6%
4位 Ctrl+X(切り取り) 30.0%
5位 Ctrl+F(検索) 28.1%

■Ctrl+C(コピー)

・「コピーは最初に覚えた」(50歳/情報・IT/技術職)
・「頻繁に行うので、覚えておくと便利である」(45歳/医療・福祉/専門職)
・「コピーは多く使う操作だから」(34歳/学校・教育関連/専門職)

■Ctrl+V(ペースト:貼り付け)

・「コピペは仕事や趣味でも超重要だと思う」(40歳/自動車関連/技術職)
・「文章作成などに非常に役立つから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「コピー、ペーストは鉄板。いつも使う」(45歳/電力・ガス・石油/技術職)

■Ctrl+A(全選択)

・「全選択だけでも覚えていると時間の短縮になると思う」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「意外と便利です」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「ベーシックなものは、エクセル以外のソフトでも使える」(34歳/機械・精密機器/営業職)

■Ctrl+X(切り取り)

・「基本的な操作です」(45歳/情報・IT/技術職)
・「これを覚えると仕事の速さがだいぶ違う」(29歳/電機/技術職)
・「就職してから唯一覚えたけど、かなり捗る」(26歳/医療・福祉/専門職)

■Ctrl+F(検索)

・「探しているキーワードをすぐに探せるから」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「検索操作は使用頻度が高い」(33歳/ソフトウェア/技術職)
・「文書の検索はよく行うので。パソコンを使えない上司にも教えています」(30歳/商社・卸/販売職・サービス系)

■番外編:使う機会が少ない?

・Ctrl+M(改行)「あまり使わないショートカットキーだと思う」(32歳/機械・精密機器/技術職)
・Ctrl+P(印刷関連)「画面を直接印刷するときには便利」(27歳/不動産)
・Ctrl+SPACE(Excel:列全体を選択)「使ったことがない」(25歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

トップは定番の「Ctrl+C(コピー)」でした。最初に覚えた人が多いようです。2位は「Ctrl+V(ペースト:貼り付け)」。この2つはセットで覚えておくと便利ですね。

3位は「Ctrl+A(全選択)」でした。数ページにわたる文書を丸ごと選択したい場合に役立ちます。4位にランクインした「Ctrl+X(切り取り)」も、文書作成を合理的に進めるために活用したいところです。5位は「Ctrl+F(検索)」でした。

Webでキーワードを探す際、この機能を使うと検索ウィンドウが開き、調査したい文字列がすぐに見つかります。

インターネットを利用する際、最も多くの時間をかけているのは「検索」だとか。つまりネットワークに存在する膨大な情報から、本当に必要なモノを探すことに手間がかかっているわけです。そう考えると、ショートカットキーにおいても、検索機能を上手に使用することが快適なPCライフに必要なのかもしれません。

(文・OFFICE-SANGA 秋田茂人)

調査時期:2013年5月14日~2013年5月22日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性413名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]