お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

手つきで相手の心理が分かる「手をよく動かす:何かを考えている真っ最中」

手や指の動きを観察することで、その人の心の中を読み取ることが可能です。「相手の本心を知りたい」と思うシチュエーションはプライベートでも仕事の上でもよくありますよね。そこで、手の動きに隠された人間の本心を見破る方法を、ご紹介いたします。

【近くにいる人を好きになる心理―遠距離恋愛は心理的コストが高い】

■手をよく動かす、後ろに組む

両手をこすったり、組み合わせたりしている人は、何かを考えている真っ最中と思ってよいでしょう。脳がフル回転しているときには、人間はじっとしていられず、無意識に手を忙しく動かしてしまうのです。こういう場合は、不用意に話かけない方が無難です。

両手を後ろに回して人と話すクセのある人は、相手に警戒心を抱いている場合が多いようです。「自分の本心は絶対に明かさない!」という強い意志の表れでもあります。こういう人と仲良くなるには、かなり日数を要することを覚悟せねばなりません。

■弱い握手と鼻をさする動作

ビジネスの際、弱い力で握手をする人っていますよね? これは、交渉にあまり乗り気ではないことを示すシグナルです。あるいは、何か後ろめたい気持ちが手に力を込められない所作となって表れる可能性もあります。また、会話の間、しょっちゅう手で鼻をさする人もいます。

これは、何か言い出しにくい話を言い出せない場合によく見られる動作です。

■商談の際の手の動き

商談中に、テーブルに両手を置いて話を聞いている人は、こちらの話題に興味を示している証拠です。これとは逆に、手をテーブルの下に置いて隠している人は、商談自体に消極的だと考えてまず間違いないでしょう。

■何気ない手の所作の意味

何気なくしている行為にも全て意味があります。手を頭の後ろに組んで反り返るのは、優越感に浸ってリラックスしている状態です。また、頭を軽くたたく行為は「もう飽きた」というシグナルで、髪をかきむしるのは困惑しているしぐさということになります。

顔を両手でこすったり、隠したりする行為は不安感を示す表れで、その場から逃げ出したいというのが本心です。さらに、人間は大きな不安を感じた際には顔を手で掻く行為をすることが多いようです。

お役立ち情報[PR]