お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

【女性編】怖いもの見たさで覗いてみたい、世界の変わった博物館ランキング―1位 アメリカ バッドアート美術館

世界最大の博物館といわれる大英博物館には、古今東西の美術品など、さまざまなものが約800万点も収蔵されています。一方、世界には風変わりな博物館があるのをご存知ですか? 今回は、409名の読者の女性に怖いもの見たさで見学したい博物館についてうかがいました。

【【男性編】飲み込むタイミングがイマイチつかめない食べものランキング「1位 ホルモン:焼けたかどうかも、わかりにくい」】

旅行のついでに立ち寄ってみていいが?
>>男性編も見る

Q.怖いもの見たさで覗いてみたい、世界の変わった博物館を教えてください(複数回答)
1位 アメリカ バッドアート美術館(世界中のへたくそ芸術家の作品ばかりを集めたアンチ芸術美術館) 21.0%
2位 アメリカ ランチ ボックス博物館(弁当箱ばかりを集めた博物館) 17.4%
3位 イギリス 拷問博物館(拷問器具や死刑執行用器具、処刑風景の模型が並べられている博物館) 15.7%
4位 アイスランド ペニス博物館(200点以上の「ペニスおよび陰茎部位」をコレクション) 14.4%
5位 日本 目黒寄生虫館(サナダムシなど、寄生生物を展示する世界で唯一の博物館) 13.2%

■アメリカ バッドアート美術館(世界中のへたくそ芸術家の作品ばかりを集めたアンチ芸術美術館)

・「私もまったく絵心がないので、逆に共感できそうだから」(33歳/その他/事務系専門職)
・「一体どれだけ下手な作品が飾ってあるのか興味がある」(30歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)
・「どのぐらい下手なのか興味があるから。あわよくば私の絵も飾って欲しい」(23歳/生保・損保)

■アメリカ ランチ・ボックス博物館(弁当箱ばかりを集めた博物館)

・「世界の弁当箱がどうなっているのか気になるから」(27歳/人材派遣・人材紹介.事務系専門職)
・「かわいくて良さそうだから。ランチは今のところ、お弁当派なので、自分のランチボックスと比較できそう」(28歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「博物館をつくるくらいだから、いろいろ種類があっておもしろそう」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

■イギリス 拷問博物館(拷問器具や死刑執行用器具、処刑風景の模型が並べられている博物館)

・「どんな拷問器具が使われていたのか、少しだけ興味があるから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「拷問器具など詳しいので、本物のアイアンメイデンがみたい」(28歳/生保・損保/事務系専門職)
・「見るだけで体中が痛くなりそうな気がする」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

■アイスランド ペニス博物館(200点以上の「ペニスおよび陰茎部位」をコレクション)

・「グロテスクさに命の大切さを痛感できそうだから。ちょっとしたショック療法かも」(26歳/生保・損保/専門職)
・「本当に怖いもの見たさで、人体の神秘には興味があるから」(27歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「女友だちだけで行ったら、面白そうだから」(23歳/金融・証券/専門職)

■日本 目黒寄生虫館(サナダムシなど、寄生生物を展示する世界で唯一の博物館)

・「行ってみたいのに、友だちを誘っても断られる」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「生きている姿は怖すぎるけど、展示のものには興味があるから」(30歳/生保・損保/事務系専門職)
・「寄生虫館はデートにおすすめ」(27歳/商社・卸/営業職)

■番外編:人間って怖い!!

・イタリア パレルモ(カプチン会修道院の奥深くに、人間の死体の数百が並ぶ)「そんなものが展示されている背景も興味深いし、見てみたい気がする」(29歳電機/技術職)
・イタリア 犯罪歴史博物館(犯罪に使われた武器、殺人者の模型、被害者の人体模型などを展示)「どれだけ人間がひどいことをしたかを観たい」(27歳金融・証券/営業職)
・タイ シリラート死体博物館(法医学鑑定された遺体を医学的資料として保存、展示するための博物館。ミイラやホルマリン漬けの赤ちゃんも)「生の遺体を見たことがないので興味がある」(30歳/機械・精密機器/技術職)


1位はアメリカの「バッドアート美術館」が獲得しました。どれだけ酷い作品が展示されているのかを確かめたいという人が多数。どういう基準で展示されるのか気になりますね。ある意味、この美術館自体が現代芸術と言えそう。

ちなみに、入館料は無料だとか。

続いて2位もアメリカから、「ランチ・ボックス博物館」がランクイン。1,500種類以上のランチ・ボックスを収蔵しているそうです。日本風のかわいいものではなく、手提げの金属の箱みたいなものですから、比較するのはちょっと難しそう。

世界各地のものをコレクションしたら、面白くなりそうですね。

3位はイギリスから「拷問博物館」がランクインしました。サディスティックな趣味の人もチラホラ。現在はエンタテイメント要素が取り入れられた施設になっているようです。4位はアイスランドの「ペニス博物館」でした。

女性同士で見学したいという意見が見受けられます。また、怖いもの見たさという人も。アレって、怖いものですか……。

5位には、日本から「目黒寄生虫館」がランクイン。デートにおすすめというコメントもあり、実際に人気のデートスポットになっているようです。入場料が無料なのも魅力ですね。

(文・OFFICE-SANGA 花澤和夫)

調査時期:2013年4月18日~2013年4月23日
マイナビウーマン調べ
調査数:女性409名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]