お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

豪雪地帯あるある「成人式は夏期開催」「東京の方が寒く感じる」

東京に住んでいると、雪にお目にかかることはほとんどありません。たまに雪が降ると、交通機関がまひしたりしてします。しかし、豪雪地帯はそんなもんじゃない!……というわけで、今回は「豪雪地帯あるある」を、雪国に住んでいる方々に聞いてみました。

【新潟県あるある「米どころ!」「やっぱりサラダホープ!」】

●大して降ってもいない雪で転ぶ都会の人をニュースで見て、優越感に浸る。(北海道/女性/27歳)

「東京で大雪!」などのニュース映像を見て、「どこが大雪!?」と思うそうです。

●学校のクラスはスキー・スノボで雪を楽しむ人が半分、寒い中で遊ぶなんて考えられない人が半分。(長野県/男性/28歳)

気持ちは分かりますね。

●大型除雪車が道路の雪を道端に寄せるので、家から出るためには除雪した後を除雪する。(新潟県/男性/30歳)

除雪の除雪ですね。

●積雪量が多い地区の人は、少ない地区の人を下に見がち。(秋田県/男性/28歳)

苦労の度合いが違う! ということなのでしょうか。

●アラレやミゾレぐらいでは慌てない。そのぐらいではスノータイヤも履いてない。(山形県/男性/26歳)

気を付けてくださいね。

●街中の二車線道路がいつのまにか一車線に。(新潟県/女性/32歳)

慎重に運転しないと危ないですね。

●雪の捨て場所でもめて、近所の仲が悪くなる。(新潟県/男性/31歳)

一カ所に積み上げていくにも限度がありますものね。

●他県の人に指摘されて、消雪パイプ(道路に水を出す穴)が地元にしかないものだと知る。(新潟県/男性/28歳)

雪のあまり降らない地方にはない設備です。

●屋根の雪下ろしの回数自慢。(山形県/女性/27歳)

雪下ろしってかなりの力仕事です。バカな筆者も一度だけお手伝いしたことがあります。大変でした!

●雪が屋根から落ちる音で、泥棒だと勘違いする他県から来た友達。(新潟県/男性/31歳)

「泥棒だ!」「違うってば」。こんな会話なのですね(笑)。

●雨よりも雪の方が濡れなくて楽。(新潟県/女性/32歳)

雪のあまり降らない地方にいると、よく分からない感覚かも。

●地元では建物内に常に暖房が入っているので、東京の方が寒く感じる。(北海道/女性/27歳)

「東京の方が寒い」といった意見は他にも。暖房の入り具合がなってないそうです(笑)。

●どんな雪道でも原付に乗る年寄りと郵便局員。(新潟県/男性/28歳)

運転テクニックがすごいのでは!

●くそ寒い中をミニスカで登下校する女子高生。(新潟県/女性/32歳)

あれは女子高生の心意気なんでしょうね。

●雪で道路がないなら自分で掘り進めばいいじゃない、という感覚。(秋田県/男性/28歳)

ラッセル車なみの馬力がいりそうですよ。

●スキー授業は一般的な学習内容だと思ってました。(新潟県/男性/31歳)

雪国では一般的だそうですね。

●ビールを冷やすために雪の中に入れておくと、凍って飲めない。(長野県/男性/28歳)

凍ってしまうのですね!

●雪のため、成人式は夏期開催。(新潟県/男性/31歳)

秋田や青森などでも夏季開催のところがあるようです。

●カマキリの卵の位置が高い年は大雪。カメムシが多い年は大雪。(新潟県/男性/28歳)

このような大雪に関する伝承があるのですね。

●南天がたくさん実る年は大雪。夏が暑い年は大雪。ここ最近は毎年大雪。(新潟県/男性/31歳)

地球温暖化の一環で雨や雪が多くなっている、という説があるようです。

いかがだったでしょうか。豪雪地帯の皆さんは、「あるある!」となりましたでしょうか?

(高橋モータース@dcp)

お役立ち情報[PR]