お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

【男性編】子どものころマスターしたはずなのに、大人になったらできなくなっていたことランキング「1位 逆上がり:体重が増えてできない」

子どもから大人へ。成長していくなかで、私たちは色々なことを身に付けてきました。しかし、大人になるにつれて、失われてしまう能力というのもあるようです。そこで今回は、413名の読者の男性に、子どものころマスターしたはずなのに、大人になったらできなくなっていたことについて聞いてみました。

【思わず惚れ直す!? 男性が彼女にしてほしい「あこがれのシチュエーション」】

Q.子どものころマスターしたはずなのに、大人になったらできなくなっていたことを教えてください(複数回答)
1位 逆上がり 16.7%
2位 漢字 13.1%
3位 虫とり 10.9%
3位 年号暗記 10.9%
4位 暗算 9.2%

■逆上がり

・「体重が増えてできない」(29歳/情報・IT/技術職)
・「40超えてできる人、どれぐらいいるのだろう」(47歳/医療・福祉/専門職)
・「この前、公園で子どもの前でやろうとしたらできなかった」(37歳/不動産/技術職)

■漢字

・「手書きで文書を書くことがないので忘れがち」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「知っている単語の漢字が思い出せないときは、さすがに焦った」(28歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・「PC生活のせいか、漢字は本当に書けなくなった。ケータイで変換してそれを見て書くことも多い」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

■虫とり

・「虫を触らなくなって、気持ち悪くなってしまった」(33歳/その他)
・「昔は太いミミズを振り回していた記憶があるが、今は触れない」(27歳/医療・福祉/専門職)
・「気が付くと、虫に驚くようになっていた」(36歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

■年号暗記

・「受験とかでいっぱい覚えたはずなのに、メジャーなやつしか出てこない」(29歳/運輸・倉庫/技術職)
・「所詮、受験のための記憶でしかない」(46歳/建設・土木/技術職)
・「クイズ番組で気づく」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

■暗算

・「いつからか暗算ができなくなり、電卓ばっかりです」(34歳/機械・精密機器/営業職)
・「レジに並んでいるときに、昔はすぐに金額がわかったのに、今はすごく時間がかかって、さらに間違ってしまう」(27歳/不動産)
・「珠算をやっていたためそれなりに暗算も得意だったが、今はできなくなった」(25歳/機械・精密機器/技術職)

■番外編:あれ? おかしいな……

・女の子へのちょっかい「恥を知るのは大事だが、寂しい」(36歳/建設・土木)
・竹馬「子どもが子ども会で竹馬を作って持って帰ってきたので、何十年かぶりにやってみたら3歩も歩けなくなっていた」(40歳/自動車関連/技術職)
・将棋「子どものころ、囲いの仕方を覚えていたのに、今ではすっかり忘れてしまった」(30歳/商社・卸/営業職)

1位は「逆上がり」でした。一番の理由は体重の増加でしょうか。小学生時代に一生懸命マスターしたはずなのに、大人になるといとも簡単にできなくなってしまいます。久しぶりにチャレンジしてみて、自分の体の重さに驚いた男性も多いのでは? 我が子にお手本を見せるときのためにも、適度な運動で体力を維持しておきたいところです。

以下、「漢字」、「年号暗記」、「暗算」と、勉強に関するものがランクイン。必死で覚えたのに、学校での勉強や受験が終わると、あっという間に忘れてしまいます。パソコンの普及が大きな理由となっているかもしれませんね。

電卓やワープロソフト、携帯電話の変換機能はとても便利ですが、ときには自分の頭や手を使ってみてはいかがでしょうか?

番外編では、「将棋」という回答もありました。せっかく覚えた戦い方を、忘れてしまってはもったいないですね。最近は大人になってから習い事を始める人が増えているようです。子どものころに頑張ってマスターした能力を、習い事でもう一度よみがえらせてみるというのも良いかもしれませんね。

(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)

調査時期:2013年5月14日~2013年5月22日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性413名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]