お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

【男性編】仕事が忙しいときにパソコンが壊れたらどうする?ランキング「1位 まずは自分の力で直す」

パソコンを家電に含めるかは賛否両論だと思いますが、冷蔵庫などに比べると壊れやすいですよね。とくに仕事で朝から晩まで使っていると、1年持たないこともあります。仕事中に突然パソコンが壊れたら、あなたならどうしますか? 読者の男性413名に聞きました。

【モテる女子の条件って? 男性がウンザリする“重い女”にならない秘訣】

Q.仕事が忙しいときにパソコンが壊れたらどうするかを教えてください(複数回答)
1位 まずは自分の力で直そうと努力する 43.3%
2位 ほかの人のパソコンを借りて仕事をこなす 23.5%
3位 パソコンに詳しい人にみてもらう 19.4%
4位 「パソコンが壊れて仕事になりません」と上司に報告し指示を仰ぐ 15.7%
5位 絶叫する 13.3%

■まずは自分の力で直そうと努力する

・「自分のほかに直せる人間が周りにいない」(36歳/その他/販売職・サービス系)
・「故障の度合いにもよるが、直せそうならやってみる」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「自作でPCを組み立てているので、大抵のトラブルは自分で直せる」(30歳/機械・精密機器/技術職)

■ほかの人のパソコンを借りて仕事をこなす

・「パソコンが壊れた時点ですぐに復旧は望めないでしょう。ほかのパソコンを使って仕事をします」(47歳/ソフトウェア/技術職)
・「とにかく仕事はやるしかないから」(28歳/情報・IT/営業職)
・「自分のいた会社では、デスクトップの環境はサーバーで共有されており、社内のどのパソコンにログインしても、自分の環境が再現できました。インストールされているソフトウェアもある程度そろえられていたので、パソコンが壊れたら空いているほかのパソコンを使って仕事をそのまま続けるのが普通でした」(39歳/その他)

■パソコンに詳しい人にみてもらう

・「まず詳しい人にみてもらってから考える」(33歳/その他)
・「わかる人にみてもらうのが、早い解決につながりそうなので」(36歳/小売店/販売職・サービス系)
・「大抵は何とかなると思うので専門家に任せる」(46歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

■「パソコンが壊れて仕事になりません」と上司に報告し指示を仰ぐ

・「どうにもならないので、こうするしかない」(28歳/情報・IT/技術職)
・「代用品を得てすぐ仕事に取り掛かるため」(26歳/情報・IT/技術職)
・「黙っていたら仕事ができていない、と怒られそうだから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

■絶叫する

・「実際に2回経験していますが、かなり焦りました」(32歳/マスコミ・広告/技術職)
・「とりあえず絶叫してから考えますね」(33歳/ソフトウェア/技術職)
・「一度データがすべて消えたことがありました。そのとき、実際に叫んでしまった」(31歳/機械・精密機器/技術職)

■番外編:とりあえず「たたく」しかないんじゃない!?

・パソコンをたたく「やつあたりしたい」(28歳/電機/技術職)
・Q&A系のお助けサイトで対応策を仰ぐ「ふだんからよく使うから」(24歳/小売店)
・パソコンメーカーや販売会社に連絡をして対応してもらう「実際、壊れたときにそうした」(37歳/その他/技術職)

1位は「まずは自分の力で直そうと努力する」です。SEをはじめ、パソコンに詳しくなりそうな仕事に就いている人も多く見受けられました。「自分が社内で一番パソコンに詳しいから」といった頼もしい意見も。こんな人が同僚にいたら心強いですね。

2位は「ほかの人のパソコンを借りて仕事をこなす」でした。なにがあっても仕事は決められた期日に終わらたい。そのためには、パソコンを直している時間がムダですからね。3位は「パソコンに詳しい人にみてもらう」でした。

詳しい人の判断を仰いでから対応策を練るようです。得意なことはその分野の専門家に任せる、という判断は正しいと思います。

ランキング外のコメントをみると、実際にパソコンが壊れたり、フリーズしたり、データがぶっ飛んだ、なんて意見も。自分がその場面に遭遇したら、目の前が真っ暗になりそうですよね。パソコンの調子が悪くなるのは、なぜか仕事が忙しいとき。

絶叫したくなる気持ちはわかります。

(文・OFFICE-SANGA 杉山忠義)

調査時期:2013年5月14日~2013年5月22日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性413名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]