お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

【女性編】よく考えると何の意味かわからない早口言葉ランキング「2位 青巻紙赤巻紙黄巻紙」

みなさん、早口言葉の意味を考えてみたことがありますか? 「早口言葉」として定着しているから気にならないものの、よく考えてみれば意味のわからないものだらけですよね。そこで今回は、よく考えると何の意味かわからない早口言葉について、548名の読者の女性にアンケートをしてみました。

【女性の好きな男性のファーストネームは?「翔」「凉」 一文字が人気】

Q.よく考えると何の意味かわからない早口言葉を教えてください(複数回答)
1位 生麦生米生卵 23.9%
2位 青巻紙赤巻紙黄巻紙 21.2%
3位 引き抜きにくい挽き肉は引き抜きにくい温い肉 20.6%
4位 東京特許許可局許可局長 15.3%
5位 魔術師が美術室で手術中 13.5%

■生麦生米生卵

・「定番なのに意味のない言葉の羅列ですよね」(22歳/医薬品・化粧品/クリエイティブ職)
・「シチュエーションを考えると、とっても不思議」(29歳/その他)
・「生麦とか生米とか、食べないと思う」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

■青巻紙赤巻紙黄巻紙

・「どんな紙なのか知らない」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「昔の時代を象徴しているような感じを受けるが、不明」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「巻紙って……何? トイレットペーパー? ずっと不思議で仕方ない」(25歳/商社・卸/事務系専門職)

■引き抜きにくい挽き肉は引き抜きにくい温い肉

・「挽肉を引き抜くという状況がよくわからない」(27歳/学校・教育関連/専門職)
・「言葉を映像として頭の中でイメージできません」(47歳/その他)
・「考えた人は暇な人ですね」(24歳/不動産/秘書・アシスタント職)

■東京特許許可局許可局長

・「特許許可局なんてないんですよね」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「そんな肩書き存在しないのに、最初に誰が言い出したか気になる」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「存在しない部署にも関わらず、広く浸透している」(27歳/電機/事務系専門職)

■魔術師が美術室で手術中

・「その様子を想像したら、なんだか怖い」(20歳/その他/クリエイティブ職)
・「魔術師なのに手術……?」(30歳/小売店/販売職・サービス系)
・「魔術も美術も手術も、お互いに何のかかわりもない……」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

■番外編:かえるがはねる回数は、「ぴょこ」で数えるの?

・かえるぴょこぴょこ3(み)ぴょこぴょこ あわせてぴょこぴょこ6(む)ぴょこぴょこ「数の数え方がよく考えると変」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・隣の客はよく柿食う客だ「ほっとけよと突っ込みたくなる」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・今日の狂言師が京から今日来て狂言今日して京の故郷へ今日帰る「ややこしすぎて、理解しようという気にすらならない」(23歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

1位は「生麦生米生卵」という結果になりました。生卵はまだ良いとしても、生麦、生米を食べる機会はありません。それぞれの言葉は理解できますが、3つをつなげてしまうと、なんだか不思議な世界観になってしまいます。

ちなみに、神奈川県には生麦という地名があるそうですが、早口言葉との関係はあるのでしょうか?

注目は5位にランクインした、「魔術師が美術室で手術中」。単独でも言いにくい言葉を3つもつなげてしまいました。そのおかげで、いろいろな想像が膨らんでしまいます。「なぜ魔術師なのに手術?」、「なぜ手術を美術室で?」と突っ込みどころも満載です。

ランキング入りはしませんでしたが、「すもももももももものうち」を挙げた女性もたくさんいました。実は、すももはバラ科サクラ属なので、ももではありません。「東京特許許可局」も実在しませんし、早口言葉のために生み出された言葉や文章が、誤解を招くケースもありそう。

ふだんはあまり気にしない早口言葉の意味ですが、あらためて考えてみるとなかなか面白いものですね。

(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)

調査時期:2013年5月14日~2013年5月22日
マイナビウーマン調べ
調査数:女性548名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]