お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

忘年会・新年会の節操のない飲み食いには「ブロッコリー」でうめ合わせ

年末年始は、忘年会、新年会、クリスマスにお正月とご馳走を食べる機会が盛りだくさん。そのくせ、寒さから体を動かす機会も減ってしまうとあっては体に良いはずはありません。

■少しでも体のためを思うならブロッコリーを食べて埋め合わせをすると良いかもしれません。

【アンチエイジングに効く!10の食品「ブロッコリー」「赤ビート」】

『American Journal of Clinical Nutrition』誌に発表された調査によれば、ブロッコリーにはカラダの代謝機能をリセットし、血中の脂肪酸を減らしてくれるグルコラファニンが豊富に含まれているといいます。

このグルコラファニンは、肥満、糖尿病、心臓循環系の病気やガンも予防する効果があるそうです。特に“ Beneforte”Rbroccoli”と呼ばれるスーパーブロッコリーには普通のブロッコリーより2倍から3倍のグルコラファニンが含まれているとか。

この調査はブロッコリーに含まれるこの物質が人の健康にポジティブに影響することを初めて証明したもの。

細胞の生まれ変わりを担うカラダの代謝機能が鈍ると、脂肪や糖分も分解されにくくなり、痩せない、肌が荒れる、疲れやすくなる、体調が思わしくないなど様々な問題が続出します。こういった事態を防ぐためにも、ブロッコリーの威力を借りてはいかがでしょう。

参考:Eating broccoli can help balance the indulgence of Christmas
http://www.femalefirst.co.uk/health/use-broccoli-to-balance-diet-over-christmas-389699.html#ixzz2nxkE39Z

お役立ち情報[PR]