お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ダイエット

「お正月太り」の原因に心当たりはある?「こたつでアイス15個」「2日に1回はケーキ」

思う存分、寝ては食べるを繰り返せるお正月。至福のときではありますが、気付いたら体重が激増! なんて経験したことがある人も多いはず。では、一気に太ってしまう原因はどこ? 働く女性に心当たりを聞きました。

■お餅は小さくても高カロリー

・「あんもち、かきもち、お雑煮……おいしいお餅をいろんな食べ方で味わえるから、ついつい食べてしまう」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「お雑煮が好きだが、お正月しか食べられないのでこの時期に思い切り食べようと思い、お餅をたくさんいれて食べてしまうから」(27歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「何個でもぺろっと食べられてしまうから。きな粉餅だったら一食で5個は食べられる」(26歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「餅を揚げて砂糖醤油をかけて食べるのが好きで、食べ出したら止まらない。油と糖分が一気に太る原因となる」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

お餅は「今だけ」と思うと、つい食べしまいますよね。実は「お餅1個=ご飯茶碗1杯」と高カロリー。それでも1個では足らず、1回の食事で「2~3個」「何個も」食べるなんて人が多いよう。きな粉や砂糖醤油のような甘いものと合わせたり、揚げたり……。食べ方も高カロリーですよね。

■甘いもの三昧!

・「栗きんとん。芋栗類が大好きで、そういう類が苦手な父親の分まで毎食食べてしまうから」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ケーキ。クリスマスからお正月にかけて、2日に1回は食べていると思う」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「アイスクリーム。こたつのなかでぬくぬくとしながら、最高15個食べたことがあります。」(31歳/情報・IT/クリエイティブ職)

おせちの中でも、栗きんとんはとくに人気。でも、あれだけ甘いということは、やっぱりカロリーも高め……。「アイス×こたつ」もたまらないコラボですが、15個はすごい!

■買い溜め、食い溜め……

・「買いだめしたお菓子、さきいかなどの珍味。お酒がすすむとつまみもすすみます」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「クリスマス、お正月とケーキや挨拶の手土産等で甘いものがたくさん家にある状態になり、食べるのは自分くらいなので、必然的に常に食べてしまうから」(26歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「寿司。親戚の家で、桶に入ったお寿司が出てくると、滅多に食べれないからと全種類制覇しようとして、さらに好きなネタは数貫食べてしまい、結局炭水化物の取り過ぎで太る」(25歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「脂のよくのった寒ブリ。冬と言えば寒ブリ。帰省先が寒ブリの産地なので、ここぞとばかりに食いだめてしまう」(25歳/機械・精密機器/営業職)

お菓子を買い溜めしたり、おみやげや滅多に食べない贅沢品を食い溜めしたり、これもお正月ならではの光景。こちらも「今だけ」と思うと、たっぷり食べておきたくなりますよね。

■まとめ

ほかにも、「食べる割に動かないのも原因」なんて声も。せっかくのお正月ですから、思う存分楽しみたいですが、増えた体重は元に戻りにくいのも悩みどころ。今年は食べた分、親の手伝いをする、お餅をいつもは3個食べるところを2個にするなど、工夫してみる!?

※『マイナビウーマン』にて2013年12月にWebアンケート。有効回答数223件(22歳~34歳の働く女性)

(OFFICE-SANGA 宮野茉莉子)

お役立ち情報[PR]