お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ヘルスケア

接着剤でくっつけたら隣の歯もポキッ!―歯科医に聞く。差し歯がはずれた時の正しい応急処置

ユンブル

同僚とランチ中、前の差し歯が急にはずれてしまいました。午後から顧客と打ち合わせがあるのに、前歯がないなんて……。ぼう然としていると、同僚が、「元に戻すとすっぽりうまくはまるよ。接着剤でくっつけたらしばらく持つ」と言います。

【歯科医に聞く。飛行中、山登り、ダイビング中に歯が痛む理由「気圧が低くなり腐敗ガスが充満」】

試してみるとそのとおりに。午後の商談ではなんとかセーフでした。

でも、この方法で歯や歯ぐきは大丈夫なのか、不安はぬぐえません。どうすればいいのか、歯学博士で口腔衛生がご専門、江上歯科(大阪市北区)の江上一郎院長に伺いました。

■入れ歯用安定剤でしのいで流血騒ぎに

その後、瞬間接着剤でセルフ応急処置した前歯は2週間ほどキープできましたが、歯磨きをしているときにまたはずれました。

周囲の人に話すと、次のような体験談が集まりました。

・仕事を休めず、歯磨き粉と木工用ボンドを混ぜてくっつけた。瞬間接着剤よりは歯ぐきにいいと思って。とりあえず2日持った。

・おばあちゃんの入れ歯用接着剤を借りてくっつけると、けっこう大丈夫だった。食事をしたり、だ液で溶けてはずれやすくなるので、日に3回ぐらい取り換えて、翌日には歯医者に行った。

・海外旅行中に差し歯がはずれた。薬局に行くと、「歯の接着剤」が安価で市販されていたので、それで1週間持たせた。食事のたびにはずれるけれど、付け直せばOKだった。粘土を薄めたような感触の接着剤(?)だった。

・上司の送迎会の直前に差し歯がはずれて困った。友人に教えてもらった入れ歯用の安定剤を使うと、3~4時間はくっついていたが、はずれたときに口の中をガリッと噛んで流血騒ぎに。

・瞬間接着剤でつけたが、歯のすき間からはみだして歯ぐきにべたっとくっつきはがれなくなった。さらに、接着剤の成分なのかにおいが原因なのか、鼻の奥が痛み、頭がくらくらして気を失いかけた。すでにくっついているのではがすことができず、ふらふらになりながら救急病院に行った。ドクターに怒られた。

皆さん、いろいろな方法を試されているのですね。急場だと歯医者に飛び込めないことも多いようです。

■瞬間接着剤とばい菌が原因で、切開手術をすることに

次に、江上先生にどうすればいいかをお尋ねしましょう。
「土台からはずれて元に戻すとすっぽりはまるので、瞬間接着剤でくっつくのでは、と思ってしまう人はいるようです。

でも、たいていは、元の位置よりも少し浮いた状態でひっついてしまいます。また再度、瞬間接着剤でつけると体積が増え、余計に浮いたケースをよく見ます。中には、歯の前後を反対に付けたり、接着剤がはみ出して、指の皮がひっついて取れなくなったという、笑い話のような体験をしている方もいます」

やっぱり……そううまくくっつくはずはなさそうですが、江上先生に、瞬間接着剤を使って大変な事になった事例を教えていただきました。

・接着剤とともにばい菌が歯の根より骨の方まで出てしまい、歯ぐきが腫(は)れあがり、切開手術をすることに。

・差し歯を戻す前に接着部分が固まりかけ、強引に押して歯の根が割れてしまい、歯を抜かざるをえなくなった。

・瞬間接着剤をはがせなくなり、土台の歯を削って根の治療からやり直して痛い思いをした。

・接着剤が隣の差し歯にくっついて、2本とも破損。

・食事中にはずれて、飲みこんでしまった。

・接着剤をつけすぎて手指や唇とひっつき、はがそうとして皮ふがはがれて流血、歯も歯ぐきも手指も唇もひどいけがになった。

「こういう事例があるように、接着剤でくっつけると予期せぬ症状が現れます。悔やんでも悔やみきれないことになります。歯科用のセメントは、接着剤とは材質がまったく違い、安全な素材でできています。それ以外を歯に使用するのはよくありません」と江上先生のダメ出しは続きます。

「応急処置で勧められる方法は、前歯の場合はマスク着用、奥歯の場合は食べ物が入らないようにティッシュや綿花を詰めておく。そして、はずれた差し歯を持って、歯科医を受診してください。根の治療が必要でなければ短時間で回復することもできます。

休日や夜間も緊急歯科診療所がありますから、そこで応急処置をしてから翌日にかかりつけ医に行く方法もあります」と江上先生。

はい、極力そうします。が、歯を数時間だけでも戻すための方法はないでしょうか。
「どうしてもというなら、前歯の場合は、ゼリー状の入れ歯用安定剤を少量だけ使うならまだいいでしょう。

すぐにはずれますが、食事をしない、お茶を飲んでにこにこしている分には大丈夫かもしれません。これも、かかりつけ医に行くまでの応急処置です」(江上先生)

■まとめ

激痛、手術、流血、破損、昏倒……悲惨なことになる前に、次からはマスクをしてとれた差し歯を持って歯科医に駆け込みます。

監修:江上一郎氏。歯学博士。専門は口腔(こうくう)衛生。歯科・歯科口腔外科・口臭治療の江上歯科院長。
江上歯科 大阪市北区中津3-6-6 阪急中津駅から徒歩1分、御堂筋線中津駅から徒歩4分 http://www.egami.ne.jp/

(藤井空/ユンブル)

お役立ち情報[PR]