お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

【男性編】漢字で書くとわからない難読国名ランキング「1位 孟加拉国(バングラディシュ)」

「米国」「英国」ならわかるけど「亜米利加」「英吉利」だと一瞬「?」となりませんか? 中国語なら当然すべての国名が漢字表記ですが、実は日本にも存在します。今回は355名の読者の男性に、漢字で書くとわからない難読国名を聞いてみました。

【いまだに意味がよくわかっていないスポーツ用語ランキング1位「ツッツキ(卓球)」】

頭の中が「???」でいっぱいになりそうなランキング結果となりました。

Q.漢字で書くとわからない難読国名を教えてください(複数回答)
1位 孟加拉国(バングラディシュ) 42.5%
2位 阿富汗斯坦(アフガニスタン) 42.2%
3位 柬埔寨(カンボジア) 41.7%
4位 以色列(イスラエル) 38.6%
5位 秘露(ペルー) 33.0%

■孟加拉国(バングラディシュ)

・「一生懸命覚えたつもりだったけど、ほとんどわからん。昔は新聞やニュースなどで使われていたけど、最近は見かけなくなった」(45歳/電力・ガス・石油/技術職)
・「三国志に登場する武将のような国名だから」(37歳/小売店/販売職・サービス系)
・「ひとつひとつの漢字がまずわからない」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

■阿富汗斯坦(アフガニスタン)

・「他はなんとなくみたことありますが、これは全く知らなかった。クイズ番組でも見たことないような」(34歳/機械・精密機器/営業職)
・「どういう基準で漢字を当てはめたのか、全く想像できないので面白いと思った」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「このあたりはあてずっぽうでも読めない」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

■柬埔寨(カンボジア)

・「そもそも知らない漢字だから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)
・「当て字にすらなっていないから見当が付かない」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「わかる人がどの程度いるのか気になる」(28歳/機械・精密機器/技術職)

■以色列(イスラエル)

・「漢字での表記があったとは知らなかった」(28歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・「そもそも、全部カタカナでいい」(39歳/その他)
・「イの部分はわかるが、スラエルの部分がまったく読めないから」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)

■秘露(ペルー)

・「裏の世界の国のように思えるから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「一番ロマンチックですね」(46歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「ためになった」(41歳/医療・福祉/専門職)

■番外編:ひとこと言わせて欲しい

・泥婆羅(ネパール)「寧羽留のほうが適切に思う」(36歳/医療・福祉/クリエイティブ職)
・葡萄牙(ポルトガル)「ブドウキバってなんだよ!」(40歳/自動車関連/技術職)
・伊蘭(イラン)「キャンディーズかと思った」(32歳/マスコミ・広告/技術職)

理解に苦しむ1位は「孟加拉国(バングラディシュ)」でした。音読みからなんとなく想像できる国名はありますが、これはかすりもしませんね。中国表記の「孟加拉」に「国」を付けたようです。2位は「阿富汗斯坦(アフガニスタン)」でした。

中国表記「阿富汗」の方がわかりやすい気がしますが、日本表記は何故か2文字も多く、より複雑になっています。

3位は中国表記と同じ「柬埔寨(カンボジア)」でした。いずれも学校では習わない漢字なので、読めなくても仕方ありませんね。せめて、常用漢字で表記して欲しいものです。4位も中国表記と同じ「以色列(イスラエル)」。

どう頑張っても「イ」までしか読めません。しかし、3文字でほかの漢字を当てるとしても、思い浮かびません。

5位「秘露(ペルー)」は、2文字なのに読めませんね。何かを秘めているような文字列が気になった人が多かったようです。中国表記の「秘魯」よりは日本人に優しい表記ですが、いずれも読めないことに違いはありません。

今回は「ほとんどわからない」という人が圧倒的で、どの国名が1位になっても不思議ではない結果に。番外編では、意義あり! と言わんばかりのコメントを集めてみました。キャンディーズは、70年代に一世を風靡した3人組女性アイドルグループで、メンバーに伊藤蘭さんがいました。

確かに伊蘭(イラン)とそっくりです。

(文・OFFICE-SANGA 関和麻子)

調査時期:2013年6月21日~2013年6月27日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性355名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]