お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

教養があり、収入の多い人ほどサプリメントを摂取する傾向にあり

コラーゲンやプラセンタ、酵素やビタミンC、ブルーベリーや美白用サプリなど、肌や体調の改善を目的としてサプリメントを摂取する女性は少なくないはずです。なかには体質に合った効果的なサプリを探したり、ベストな飲み合わせを見つけるために、様々な種類のサプリを試している人も多いかもしれません。

【健康サプリが「効かない」と知っているのに25%の人が続けてしまう理由「安心するから」】

近頃アメリカで実施された調査によると、対象となった成人2,023人のうち、約半数が日常的に何らかのサプリメントを摂取していることがわかりました。このうち、男性が46%であるのに対し女性は54%と、やはり女性のほうがサプリに対して興味を持っていることも明らかになりました。

これに加えて、サプリの摂取率は「教養の高さ」や「収入の多さ」にも比例していることが判明。最終学歴が高校卒業の人よりも、大学院卒業者のほうが摂取率は22%増加し、年収240万円未満の人よりも、年収900万円以上の人のほうが15%も多くサプリを摂取している結果になったのです。

教養のある人は収入の多い仕事に就きやすくなることでこのような結果になったともいえそうですが、ともあれ、いくつになっても美を追求したい女性たちにとってサプリは、試さずにはいられないアイテムと言えそうです。

参考: Half Of Americans Take Vitamins, Survey Shows
http://www.huffingtonpost.com/2013/12/20/take-vitamins-use-_n_4475717.html

お役立ち情報[PR]