お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド雑学 グルメ全般

飛行機の機内食が美味しくないのは気圧や音のせい。美味しく食べるには?「ソースの多いものを選ぶ」

飛行機の機内食はまずいものだとあきらめてはいませんか?機内食がまずく感じるのはエンジンの音や気圧、湿度などが関係するそう。美味しく食べるコツがあるみたいです。

【温泉・飛行機・犬!お子さん「デビュー」に潜む危険対策まとめ】

人間の嗅覚は、飛行機内の湿度の低さでくるってしまいます。それと同じように、味覚も高度や気圧でおかしくなってしまうのだそうです。また英国マンチェスター大の研究によると、ジェットエンジンの大きな音も甘さや塩からさを感じる味覚を狂わせるそうです。

近年多くの航空会社では、機内食や機内で提供されるワインの味を良くするための努力がされています。カタール航空はNOBUのオーナー兼シェフである松久氏にメニュー構成に参加してもらったり、エベレストに登って高度の高い場所でのワインの味の調査を行ったそうです。

ブリティッシュ航空は、甘味や塩からさ、酸っぱさや苦さ以外の第4の味である「うまみ」だけは上空でも同じように味わってもらえることを発見し、料理に取り入れるように心がけているそうです。

機内食のメニューにチョイスがある場合は、なるべくソースの多いパスタのようなものを選ぶといいでしょう。冷やしたり温めたりを繰り返された料理でも、ソースの多い物ならさほど影響がないからです。また、ピーナッツやクラッカーなどのおつまみを一緒に食べると、料理に欠けている歯触りを補う事ができるようです。

次の飛行が少し楽しみになりましたか?ジェットエンジンの爆音ではなく、好きな音楽をヘッドホンやイヤホンで聴きながら食事するのも、機内食を美味しく食べるコツの一つだそうです。

参考:Flying This Holiday? Here Are A Few Tips To Survive Airline Food
http://www.npr.org/blogs/thesalt/2013/12/22/255869219/flying-this-holiday-here-are-a-few-tips-to-survive-airline-food

お役立ち情報[PR]