お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

付き合いが長い彼と破局しそうな4つの予兆

どんなに長いつきあいで、どんなにお互いのことがわかりあえていたとしても、別れるときはあっさり別れることになってしまうのが、おつきあいのむずかしさ。つきあいが長い彼との破局を避けたいなら、ぜひこんな4つの予兆に気をつけて、避けるようにしてみましょう。

【悪夢のお食事会を決行! 「二股・浮気男への復讐エピソード」】

■彼を「責める癖」が、彼女にある「どちらか一方の自己主張が激しい」

もし彼を目にするたびに、「あれがなってない」、「これがなってない」と責める癖があるなら、ぜひ見直してみましょう。相手を責めるということは、「相手が、自分の求める条件に、足りていない」ということを、堂々と宣言するようなもの。

また言われた方は、これほど腹が立ち、「理解されてないな」とかんじることはありません。

どんな人間でも完ぺきな人はいません。みんなそれぞれ、一長一短あるものなのですが、長く一緒にいすぎると「いいところ」ではなく、「悪いところ」ばかりが目に入るようになります。破局を避けたいなら、彼の欠点ばかりを見てしまう、自分の目線をまず変えてみましょう。

■カップルのどちらか一方の自己主張が激しい

カップルの内、どちらか一方が自己主張が激しいと、当然のことながらもう一方は、なかなか自己主張ができなくなります。もちろんぶつかりあえば、それでいいことなのですが、性格的な問題や主義主張の問題などで、人とぶつかりあうのを好まない人もいます。

そんなカップルの場合、片一方が我慢することでしか関係が成り立たないため、自己主張ができない人が「我慢しきれなくなったとき」が、別れ時になります。限界が高い人ならいいのですが、そうでなければ別れは早いかもしれません。

■お互いのことに無関心

愛の反対の言葉は「無関心」とよく言われるように、お互いのことにお互い無関心だと、そもそもつきあっている意味を感じづらくなり、自然消滅になりがちです。このレベルであれば、「破局」のこともお互いに心配していないと思われるため、問題視する必要もないのかもしれません。

■環境が大きく変わってしまう予定が、将来にある

遠い場所に引っ越す予定がある、遠い勤務地に移動する予定がある、海外に留学する予定があるなど、環境がガラリと大きく変わってしまう予定がある場合は、破局の可能性がやはり普通のカップルよりも、高くなってしまいます。

どうしてもつきあいを続けたいなら、ムリに離れて暮らすより、ムリに一緒にいた方が、おつきあいは続く可能性が高くなります。恋人と将来をてんびんにかけられないなら、「恋人のいる、ちょっとショボイ未来」と「恋人がいない、輝かしい未来」をてんびんにかけてみて、どちらに心が動くかで考えてみる、そんな究極の方法も取り入れてみてはいかがでしょうか。

つきあいがいくら長くても、別れが来るときは必ず来ます。ぜひそうならないように、破局を生んでしまいそうな芽は一日も早く摘み取ってしまい、安心しておつきあいしましょう。

お役立ち情報[PR]