お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ダニの対処法について学ぼう!「畳の上に敷物がダニが大量発生しやすい」

家の中には信じられないほどの数のダニがいるといわれています。小さすぎて肉眼で確認しにくいだけに、気になってしまいますよね。ダニの増えるこの季節、効果的にダニを駆除する方法をご説明します。

【2カ月半で1万匹!布団のダニ対策、教えます!「夏でもふとん乾燥機」「熱&乾燥」】

■住環境に生息するダニ

チリダニ……家の中に生息するダニのうち、約70%がこのチリダニです。フンや死骸が喘息の原因になるので注意が必要。しかし、普通に生活していれば必ず床に落ちる人のフケ、皮膚、食べカスなどをエサにしているため増えやすく、なかなか駆除しきれないのが現状です。

ヤケヒョウダニとコナヒョウダニの二種類があります。

ツメダニ……人を刺すダニで、刺されてから8~48時間後に赤く腫れ、激しいかゆみを起こします。コナダニをエサとするため、穀物などに発生するコナダニがなんらかの理由で大量発生したときには、ツメダニも同様に大量発生することがあります。

イエダニ……ネズミに寄生するダニで、年間を通して発生します。ネズミの死骸から血を吸ってエサにするため、ダニ対策と併せてネズミ対策も必要です。

■ダニの発生しやすい場所

ダニは高温多湿の環境を好みます。一番よくないのは畳の上に敷物を敷くことで、畳が上からふさがれて呼吸ができず、熱がこもるためダニが大量発生しやすくなります。どうしても畳の上に敷物を敷きたいときは、なるべくこまめに敷物をはがして掃除機をかけるようにしましょう。

湿気がこもりやすく、体温で温められ、フケなどが落ちやすい寝具もダニの発生しやすい場所です。また、普段食事をしたり、家族が集まるリビングに敷かれたカーペットもダニの好きな場所。食べカス、人間の皮膚やフケ、ペットの皮膚などをエサにするダニがたくさんいます。

■ダニを予防するには

ダニは高温多湿の環境を好むため、家の中の換気をよくすることが大切です。また、できるだけこまめに掃除機をかけ、ダニのエサとなるものを除去していきましょう。布団は天日干しにしてもいいですが、布団乾燥機にかけたほうが効果的にダニを死滅させることができます。

仕上げに満遍なく掃除機をかけ、死骸を取り除きましょう。ダニの死骸はアレルゲンになるため、掃除機かけは必ず行ってください。

2カ月半で1万匹!布団のダニ対策、教えます!「夏でもふとん乾燥機」「熱&乾燥」
https://woman.mynavi.jp/outline/130711-008/

お役立ち情報[PR]