お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

「笑うことは健康に良い」とは限らない?―英研究

最新の英オクスフォード大学の研究によると、大笑いすることで思わぬ健康リスクに繋がることがあるのだそうです。

【1日1回笑うだけで「記憶力アップ」】

大爆笑の後、心臓が破裂して死亡した人もいるというほど、その危険は見逃せないとのこと。

心臓破裂で死亡というのは極端な例かもしれませんが、他にも失禁、喘息発作、ぎっくり腰、食道亀裂などのリスクも報告されています。

「それ私だ」と、心当たりの人もいるかもしれませんね。

しかし同時に、笑うことのメリットも報告されています。

動脈壁をリラックスさせ、心臓発作のリスクを軽減、慢性閉塞性肺疾患の肺機能を改善、糖尿病患者の血糖値を下げる、などがあげられています。

また、笑った後は体外受精の成功率が16%アップすることも報告されています。

笑いには不思議なパワーが秘められているようですね。

オクスフォード大学では、健康のためにも笑うことを奨励しています。ただし、激しく大笑いしない程度で笑うことがポイントだそうです。

参考: Health warning: laughter could leave you in stitches
http://www.telegraph.co.uk/science/science-news/10514690/Health-warning-laughter-could-leave-you-in-stitches.html

お役立ち情報[PR]