お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「幸せでいること」よりも「正しさを選ぶこと」の方が人生は成功する―研究結果

人生の成功の基準は人それぞれですが、マジョリティーの意見としては「幸せでいること」が鍵であると言われています。

【彼と上手に暮らせるポイントは? 幸せに過ごせる「ふたり生活」診断】

しかし、ブリティッシュ・メディカル・リポートの報告によると、必ずしも幸せは充実した人生の鍵であるとは言えないようです。

研究に参加したのはニュージーランドの夫婦たち。

実験を取り仕切ったブルース・アロル博士は、参加した夫婦の夫たちに「今日から一定の期間の間、何でも奥さん言うことを聞くこと。例え奥さんがまちがっていても、それを正してはならない」というルールを発表しました。

もちろん妻たちは何も知りません。

実験が12日目に達したとき、実験を中止せざるを得なくなりました。

何でも妻の言う通りにしていた夫たちがもうこれ以上我慢できなくなったためです。

妻たちは、夫が何でも言うことを聞いてくれるので、かなりハッピーなのではないかと私たちは思いますが、実は正反対。

甘やかされているからでしょうか、妻のわがままぶりは最高潮に達し、夫の一挙一動に非常に批判的になってしまったそうです。

愛する夫に批判的になってしまうなんて、決して幸せとは言えませんよね。

このことから、相手の幸せのために何でも相手の言いなりになるカップルや夫婦は幸せとはとても言えず、正しいことを選び、時にはぶつかるカップルの方が人生の充実度や幸せ度が高いことが明らかになったのです。

あなたと愛する人との関係はいかがですか?

幸せになりたい、相手にいつも満足してもらいたいからといつも相手の言いなりになると、相手はだんだんあなたに批判的になっていく可能性が高いですよ。

正しいことは正しいと主張できる勇気を持ちたいものですね。

参考:It is better to be right than happy
http://www.news.com.au/lifestyle/health/it-is-better-to-be-right-than-happy-auckland-researchers-find/story-fniym874-1226786080310

お役立ち情報[PR]