お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

女性は男性よりも睡眠が必要―女性の脳はマルチタスク仕様だから

朝アラームの音で目が覚めて「眠りが足りない!」と思うことはありませんか?

【睡眠満足層 VS 睡眠不満層 億万長者の割合は睡眠満足層が2.5倍!】

米デューク大学で、男女の睡眠量について研究がおこなわれました。

その結果、女性は男性よりも睡眠が多く必要であることが明らかになりました。

女性の脳はマルチタスク仕様であるため、脳が回復に時間を要するとのこと。

女性が十分な睡眠がとれなかった場合、うつ症状になり、結果怒りっぽくなるそうです。

これはパートナーにとっても災難ですよね。ちなみに男性が同じように寝不足になった場合は、うつ症状になることはないそうです。

他にも女性の睡眠不足で心臓病、脳卒中、体内炎症、精神障害などの健康リスクがあげられました。また、寝不足で起床時に体に痛みを感じることもあるそうです。心当たりの人はご注意ですね。

とはいっても、朝の出勤時間は男女同じ、家事も育児もお母さんが起きていないと困るのが現実。そこで、ブリウス博士は「昼寝」を提案。90分以内の昼寝であることがポイントだということです。

参考:Women DO need more sleep than men: Multi-tasking means their brains take longer to recover
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2528920/Women-DO-need-sleep-men-Multi-tasking-means-brains-longer-recover.html

お役立ち情報[PR]