お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「イエスマン」は不幸せになる

あなたは、恋愛で常に幸せでいることができる秘訣とはどの様なことだと思いますか?ケンカもなく全ての意見が一致していることがお互いの幸せに繋がると考える人も少なくはないと思いますが、「全ての意見が一緒」だということは幸せに繋がらないみたいです。

【世界で一番幸せな国はどこ?1位「デンマーク」2位「ノルウェー」】

今回ニュージーランドで行われた研究で、男性が妻の意見全てに「イエス」と賛成をしなければいけないという実験が行われました。その結果、カップルの幸せ度が高まるどころか実験に参加していた男性の「精神的障害」を理由に実験を12日目で辞めなければならないという事態になってしまったのです。

この実験は、恋愛カウンセラーなどがよく問題解決手段としてあげる「自分の意見を通すのでは幸せになれない」という考え方が正しいかどうかを確かめる為に行われました。また、Auckland大学の研究者は「相手に反する自分の意見を押し付ける」ということが人々のメンタルに支障をもたらしているということもこの実験の根拠としてあげています。

つまり、「自分の意見を押し付けずに相手の意見に賛成すれば心身的ダメージやストレスはおこらない」という仮定なのです。

この実験では妻には「男性がわざと全てに賛成をしている」ということを隠して行われました。なので、妻はただ単に日々の幸せ度を計る研究だと思っていたということです。男性の幸せ度は実験が進めば進む程急激に下がってしまったのですが、驚くことに妻の幸せ度が上がった訳ではなかったのです。

全てに賛成してもらえると、一時的に幸せ度が上がります。しかし、なんでもかんでも相手にあわせるとあわせている方は精神的ダメージを受けてしまう上、合わせられている方も異様な気分になるみたいです。

やはり恋愛では全てに「イエス」というのではなく意見の対立も必要なのですね。

参考: Science says it’s better to be right than happy
http://www.thedatereport.com/dating/science/science-says-its-better-to-be-right-than-happy/

お役立ち情報[PR]