お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

「アイバンラーメン」アメリカ人のラーメン店主―東京からNYに店舗進出

国内で、日本人の経営するラーメン屋は山ほどありますが、アメリカ人が店主であるラーメン屋はちょっと珍しいですね。50歳になるアメリカ人Ivan Orkin氏は、根っからのラーメン好きが高じて、東京でラーメン屋を2軒開業。

【もはや日本食といえる世界の食べものランキング1位「ラーメン」】

その後、アメリカ人では初めてのラーメン本、「アイバンラーメン」という料理本を出版。そればかりか、11月にはラーメン屋をニューヨーク、マンハッタンで開業の運びとなりました。

ここ数年、アメリカでは、日本のラーメンがブームとなり、日本人の経営するラーメン屋は何軒か進出していますが、アメリカ人が店主のラーメン屋はこのOrkin氏が初めてです。

Ivan氏の唱える、ラーメンを食べる際の戒律のひとつは、スープが火山のようにグツグツして熱いうちにラーメンを食べ切ること。しかし熱々ラーメンに慣れていないニューヨーカーにとっては、湯気が立ったラーメンは驚くばかりのようです。

Ivan氏のラーメン屋には、長いステンレス製のカウンターを挟んで、スープのだしや麺が並んで、まるで日本のラーメン屋そのものだそうです。日米ユダヤ系混じりのIvan氏独自の夢のラーメンは、豚・鶏・魚の燻製・塩・醤油のバランスが良いものだそう。

彼の特性ラーメンのレシピは、なんと36ページにも及ぶ長さになります。

参考:A life of Noodles comes full circle
http://www.nytimes.com/2013/12/18/dining/a-life-of-noodles-comes-full-circle.html?hp&_r=0

お役立ち情報[PR]