お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

シチュエーションが決め手!異性にされてうれしかったボディタッチ「ベタですが、手の大きさ比べ」

気になる異性からのふとした瞬間のボディタッチには、多くの人が「ドキッ」とするのでは。「ボディタッチを制するものは、恋を制する」と言っても過言ではないかもしれません。今回は読者の皆さんに、「うれしかったボディタッチのシチュエーション」を聞いてみました!

【人前でのタッチはNG!? 男性がうれしい「ボディタッチ」の方法】

調査期間:2013/12/7~2013/12/13
有効回答数 827件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

■女子に効果てきめんの「頭ポンポン」

「飲み会の後に頭をポンポンされた。好きな先輩だったのでうれしかった!」(30歳/女性)
「中学のとき気になっていた男子と話していたら、突然頭をポンポンされた。完全に好きになった」(28歳/女性)

女性からの支持がずば抜けて高かったのが、「頭ポンポン」!
頭ポンポンの中でも胸キュン度が高いのがこちら。

「彼氏との待ち合わせで、走って駆け寄ったら『おー』と言いながら頭をなでてくれた」(23歳/女性)
「頭をなでるというより、くしゃくしゃっとされた。酔っていたので余計ドキドキしました」(33歳/女性)
「少し落ち込んでいたときに頭をポンポンとされて心にしみた」(29歳/女性)

女性が「何かを頑張ったとき」「落ち込んでいるとき」などは、効果も倍増ですね。優しくなでられることで安心感を覚えるという女性が多いようです。

■男性は「足」に弱い?

「飲み会の席などで横に座って足に手を置かれるとドキドキする」(41歳/男性)
「コタツに入っているときに足で足に触れてきた。周りの人に分からないようにされたので、スリルがあった」(25歳/男性)

「頭」に敏感な女性に対して、男性は「足」へのタッチに弱いようです。「スリルのあるシチュエーション」というのもポイントかもしれませんね。

■会話の中でのタッチ

「こちらが言ったギャグで大笑いしてくれて、肩を叩かれたとき」(34歳/男性)
「ボケたら、背中に突っ込んでくれた」(26歳/男性)

このような何気ないボディタッチも、男性にとってはうれしいものなんですね。

■不意打ちのボディタッチ

「パソコンを見ているときにマウスの上の手に自分の手を重ねてきた。想定外だったのでドキドキ!」(27歳/男性)
「ハイタッチした手をそのまま握られたとき」(22歳/女性)
「近くにいた後輩に、『襟曲がってますよ』と言われて襟をなおされ、キュンとした」(29歳/男性)

不意打ちのタッチならばドキドキも2倍! 男女ともに効果がありそうです。

■飲み会で使えるボディタッチ

「ベタですが、手の大きさ比べ。飲み会で初対面のイケメンにされてノックアウト」(28歳/女性)
「席が離れている子が、後ろを通るときにそっと肩にタッチしてくれてうれしかった」(23歳/男性)
「肩と肩があたるくらいの距離で座っているとき」(31歳/男性)

飲み会には、気になる人との距離を近付けるボディタッチのチャンスがたくさん。お互いの気持ちを探りつつ……という状況に萌えますね。

■大胆なボディタッチ

「顔を近付けて『いい匂いがする』と髪を触られたとき」(22歳/女性)
「背中から急に抱きつかれたとき。胸が当たっていい感じでした……」(27歳/男性)
「頬をいとおしそうになでられたとき。クラクラした」(28歳/女性)

相手を選ばずにやると「いきなり何するの!」と怒りをかうこともあるので注意しましょう。

■まとめ

みなさんから寄せられたさまざまなボディタッチのシチュエーション。聞いているだけでこちらもドキドキしてきます! 人肌が恋しい今の季節、ボディタッチのコツを心得て気になる相手との距離を引き寄せられたらいいですね。

(のでこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]