お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

イライラする相づち―『おじさんの「uh huh?」』『ほえほえ』

会話をスムーズに進めてくれる相づちですが、使う言葉が適切でないと「本当に聞いてる?」と思われてイラッとされることも。読者の皆さんに、イライラしてしまう相づちについて聞きました。

【職場の人にされるとイライラすること 1位「あいさつを無視する」2位「共有スペースを汚す」】

調査期間:2013/12/7~2013/12/13
有効回答数 827件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

■チャラい相づち

「『はーい』。軽く見ている感じがある」(27歳/女性)
「『なるほどっすね』。なるほどにですをつけないでほしい。あと、ときどき勢いが良すぎて『なるほっすね』になる」(29歳/女性)
「『あ~、はいはい~』とニヤニヤしながらうなづく。なんかむかつく」(25歳/女性)
「『わっかりました~』。人の話をきいていなさそう」(23歳/女性)

かっこつけてわざとチャラくしている可能性もありますが、こちらが真剣に話していればいるほどイラッとしてしまいそうです。

■重ねてくる相づち

「『なるほどなるほど~』。聞いてないだろって思う」(28歳/女性)
「『ふむふむふむ』と言う。3回も言うなんて無駄」(42歳/女性)
「『うんうんうんうん!』や『はいはいはいはい!』など、勢いよく返ってくる相づち。本当に理解してる?と思ってしまう」(30歳/女性)
「『ほうほうほう』。分かりきったかのような、上から目線を感じる」(45歳/男性)

どれも1度で十分な相づち。何ごとも、数が多ければ多いほどいいというわけではないですからね。

■失礼な相づち

「『はぁ』という相づち。イラッとする」(34歳/男性)
「『ほお~』。上から目線な気がする」(27歳/女性)
「『で?』。上から目線だから」(29歳/男性)

いずれもどこか偉そうです。会話がスムーズになるどころかけんかが始まってしまいそう。

■共感

「『わかりますぅ~』と、恐らく理解も共感も全然していないであろうことに言われたとき。そう言っとけば良いという感じが伝わってきてイラッとした」(25歳/女性)
「語尾を上げながら『ですよね~』。媚を売ってくる感じが嫌い」(33歳/男性)
「『なるほど』、『たしかに』。とにかく何でもよいから相づちをしているだけって感じの返事」(23歳/女性)
「優しげな笑顔で相づちを打たれるとイラッとします。『私はその気持ち分かってますよ~』っていうアピールが上から目線に見えて、バカにされてる?と思ってしまいます」(24歳/女性)

共感されると「この人はわかってくれる」とうれしくなることもあります。それが異性だと恋に発展することもありますが……やりすぎは禁物ですね。

■変わった相づち

「『ほえほえ』という相づち。聞いていないと感じる」(24歳/男性)
「どっから出しているのかわからないが、『ぅん』『ふぅ』ともとれる高音でしかも小声で相づちを打つ先輩がいる。話を聞いてないなら相づちなんて最初から打たなければいいのにと思う」(23歳/女性)
「米国出張が長かった人の『uh huh?』。見た目は典型的な日本のおっさんなので、違和感があります」(53歳/男性)
「ものすごく頭をぶんぶん振る相づち。絶対聞いてないと思う」(21歳/女性)
「『ふんっふんっ』。後輩に言われるのですが、変だしイラッとします」(34歳/女性)

自分の相づちが人と違うということに気づかない人も多くいるよう。不思議な相づちを入れられると、「今の何?」と思い自分の話どころじゃなくなってしまいそうです。

本人は無自覚であることも多い周囲をイラッとさせる相づち。これらの相づちを多用されると、話す気も失せてきそうです。逆に、話が長い人の会話を終わらせたいときは、これらの相づちを使うと有効なはず。きっとイラッとして別の人と話をしたいと思うでしょうから。

もちろん、別の人に「あいつの相づちイラッとするよね」と吹聴されてしまうこともありそうですが。

(山本莉会/プレスラボ)

お役立ち情報[PR]