お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

嫉妬深い男性に怖い思いを受けたことはありますか?「男性と仲良く話していたら携帯を投げつけられた」

「嫉妬」と言えば、女性特有の行動だと思われがち。しかし実は、「より恐ろしい」と言われているのが、男性の嫉妬なのです。中には、嫉妬のあまり、相手を自分の思い通りにしようとするケースもあるよう。嫉妬深い男性の行動で、怖い思いをした経験について、働く女性に聞きました。

【急増中!「獲物物色型ストーカー」があなたを狙う理由とは…】

■待ち伏せ

・「偶然の域を超えて、外出先で会う事があり、怖くなりました」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「別れても私の家の鍵を返してくれなかったので、なんだか怖いなと思って家の鍵を変えた。そしたら家の前で何度も待ち伏せされた」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

会うはずもない場所で、顔を合わせてしまう。彼にとっては「ただ会いたかったから」というシンプルな行動なのかもしれませんが、女性にとっては恐怖です! 状況によっては、警察に相談した方が良い場合も。何よりもまず、身の安全を確保しましょう。

■嫉妬から暴力へ……

・「男性と仲良く話していたら怒鳴りつけられる携帯を投げつけられた」(31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ぶんなぐられた」(31歳/生保・損保/営業職)

非常に多くあった意見です。嫉妬の感情を抑えきれなくなった彼からの、まさかの暴力。本当に大切な相手になら、決してできないはずの行為です。どんな言葉を並べられても、流されてはいけません!

■周囲へも

・「男友達としゃべっただけで、男友達の事を殴った」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「携帯から男友達に勝手にメールを送られ、それが相手を侮辱する内容のものだった」(26歳/情報・IT/営業職)

嫉妬深い男性の怒りの矛先が向かうのは、彼女だけではありません。周囲にも影響が出る場合があるよう。彼を選べば、その他の関わりを全て無くしてしまうのかも……? 早めの決断が鍵となりそうです。

■最終的にはやっぱりコレ

・「ストーカーになった」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

ちょっとしたヤキモチならば、誰にでもある感情です。しかし、それをコントロールできない人には要注意! ストーカーになる素質があると考えられます。強すぎる嫉妬は、相手を支配したい気持ちの表れです。第三者の手も借りて、すみやかに距離を取りましょう。

女性にとって、非常に怖い意見も多数ありました。自分の身を守るために、的確な状況判断は大切なこと。彼氏の嫉妬を愛情だと勘違いしないよう、注意しましょう。こうしたタイプの彼は、徐々に行動がエスカレートすることも多いもの。

ぜひ早めの対処を心掛けて!

※『マイナビウーマン』にて2013年12月14日~16日にWebアンケート。有効回答数338件。

お役立ち情報[PR]