お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

メールの場合は、一文の長さで相手の心理が分かる!?「自分が格上と思われている場合:長いメールが送られる」

毎日、いろんな相手から送られてくるメール。人によっていろんな書き方があって興味深いものですが、実はメールの書き方には送り手の微妙な心理が表れているのです。その見分け方をご説明します。

【メールの達人が教える、恋愛に活かせるメール術って?】

■相手にとって、あなたは「格上」か「同格」か?

送られてきたメールの内容がとても丁寧だった場合。これは、相手にとってあなたは格上の存在であり、まずい文章であなたの機嫌を損ねたくない、よく思われたいという心理が働いています。反対に、メールの内容が用件を端的に述べただけの簡単なものである場合は、相手にとってあなたは「同格」といえるでしょう。

同格だと思っているから、変に気遣う必要がないんですね。言葉の使い方ひとつにもそのような心理状態ははっきりと現れていて、はやり言葉を使ってあったり、ざっくばらんな表現をしている場合も、やはり同格と思われています。

格上の相手には、誰でも敬語を使いますから。

■要件の前に前置きが長い場合

これは、実際に会って話したり、電話をかけたりする場合と同じですね。相手に伝えなくてはいけないことがあるんだけれど、それが言い出しにくい内容なのでなかなか切り出すことができず、前置きが長くなるのです。長い前置きを読み終わったら、そこには借金の申し込みを頼む文章が……なんてことも。

他にも、約束のドタキャンをする場合や、用事ができてバイトのシフトを代わってほしいときなどのケースも多いですね。相手にとってあまりうれしくないことを言わなくてはいけないという思いから、どうしても言い訳が長くなるのでしょう。

■すぐに本題に入るメールの場合

この場合は前置きが長いケースとは逆で、自分がメールで伝える内容に後ろめたさがなく、自信を持っているといえるでしょう。例えば、飲み会の幹事に選ばれて参加メンバーに「お店が決まったよ」とメールを送る場合。仲間のためにわざわざ労力を使って店を探したのだという自負があるため、堂々とメールを送ることができます。

また、このようなときには余分な言葉を付け加える必要もないので、簡潔な印象になりますね。自信と意志の強さがうかがえます。ビジネスにおいても、このようなメールを送ってくる人は自分に自信を持っている場合が多いです。

自信のない人は、相手の機嫌を伺おうとするのでどうしてもメールが長くなります。

お役立ち情報[PR]