お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音雑学 オンナのボディ

じぇじぇ、TVで見た危ない症状にそっくり! いつもと違う生理に焦った経験 47.3%

女性にとっては身近な生理。「私は量が多いタイプ」「周期が長め」など、自分の月経傾向を知ることで、対策を立てることも可能です。

しかし、ときにはその傾向から大きく外れ、焦ることも……。働く女性の「いつもとは違う生理に悩んだ経験」を聞きました。

Q.あなたは、生理がいつもと違い、ビックリしたことや悩んだ経験がありますか?

ある 47.3%
ない 52.7%

およそ半数の女性が「経験あり」と回答しました。具体的な内容をチェックしてみましょう。

■長すぎる!

・「すごい出血が長かった。病院に行ったけれど精神的なものだと言われてすぐとまった」(27歳/電機/技術職)

・「大学生になりたてのときに、生理が1カ月以上続き心配だったので病院に行ったら、なれない環境でストレスがたまりホルモンバランスが乱れていると言われた」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

いつまでたっても終わらない生理に、ひたすらヤキモキ。重大な病気なのでは!? なんて、不安も膨れ上がります。もちろん病気の可能性もありますが、ストレスが原因であることも多いよう。病院に行って早めに気持ちを安心させてあげましょう。

■なかなか来ない……

・「予定日から1週間ほど遅れたこと。妊娠したかとあせりました」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「2カ月こなかったことがあり、途中で不正出血となった。婦人科にて、『破綻出血』と診断され、ピルにて人工的に月経を起こして、周期が元通りになった」(25歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

生理がなかなか来なくて焦った! という意見も多くありました。来ないとき、一番に思い浮かべるのが、やはり妊娠。積極的に子作りしている状態ではない場合、焦りますよね。ただ、ストレスが影響を与えているケースも少なくありません。「まだかまだか」と待ち望むほど、遠ざかるのかも?

■出血が……

・「出血が多すぎて驚いているところに、家庭の医学情報番組で取り上げられていて、さらに驚いて病院へ行った」(27歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「血の塊が大量に出た。婦人科に行くと、貧血だと言われた」(33歳/その他/販売職・サービス系)

出血の様子がいつもとは違う! 多くても少なくても、質が違っていても、やはり驚いてしまいます。生理中に気になることがあれば、迷わず婦人科を受診しましょう。問題の原因を指摘してもらうことで、気持ちも楽になりますよ。

■止まる!?

・「急激なダイエットで生理が止まってしまった。婦人科に通って何とか治ったが、一時はどうなることかと不安になった」(30歳・商社・卸・秘書・アシスタント職)

・「ずっと生理不順なので、半年近くこなかったことがある。大学で婦人科医に相談する機会があったので質問したら、私のホルモンが『しょぼい』ことが原因だと言われた。もう少し言葉を選べないのか、疑問に思う」(27歳・金融・証券・専門職)

いつまで待っても生理がこない!? 毎月の月経は、女性のカラダの絶妙なバランスで引き起こされています。過剰なダイエットで生理が止まることは珍しくありませんが、元に戻すのは簡単ではありません。普段から不順な場合は婦人科を受診し、メンテナンスをしてみて。

毎月付き合っていれば、ときにはカラダのリズムが崩れることもあるでしょう。しかし、妊娠・出産に関わる機能は、実に繊細なもの。大きな問題を教えてくれている可能性も否定できません。異変を感じたら、まずは専門医に相談するのがおすすめですよ。

※『マイナビウーマン』にて2013年11月にWebアンケート。有効回答数277件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]