お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

本当に空腹?実は満腹のサインかも……

きちんと食べたはずなのに、もうお腹が空いている気がする…この日中の空腹感、本当はまったく逆なのかもしれません。

【食べても空腹にならない-英ニュース】

雑誌ニューロサイエンスによると、このような日中の空腹感は、腸から脳への満腹サインであると言います。

豪州アデレード大学の研究で、起きている状態のときにはあまり機能していない腸の神経があるのを発見しました。

私たちは、起床後やエネルギーをたくさん消耗したあとは、普段、最終的に満腹だと感じる前に、より多くの食べ物を口にしていると言います。

アデレード大学内、腸神経研究ラボのステファン・ケンティッシュ博士は、「しかしながら、睡眠と関係のある体内サイクルが昼夜逆転した状態になっていると、胃の神経はより敏感になり大きくなります。すると、満腹だというシグナルをより早く脳に送ることができたり、お腹に入る食べ物の量をコントロールすることができます。」と説明しています。

さらに、この働きは24時間いつも繰り返されるものであり、個人に必要なエネルギーに見合った食べ物の量を調整してくれる時計のような役割をすると付け加えています。

今回はネズミを使って発見しましたが、研究者たちは人間にもネズミと似たような神経が存在すると推測しています。

参考: Selalu Merasa Lapar? Mungkin Karena Cara Kerja Sinyal Rasa Kenyang Pada Perut
http://m.tabloidbintang.com/content/78651/selalu-merasa-lapar-mungkin-karena-cara-kerja-sinyal-rasa-kenyang-pada-perut.html

お役立ち情報[PR]