お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

2013年で「最も多かった健康キーワード」とは?「1位 インフルエンザ」-米グーグル

体調が悪いなと思ったら、病院に行く前にグーグルしてるなんてことありませんか?他の人がどんな検索をしているのかも、ちょっと気になりますよね。2013年で検索された健康キーワード、ベスト10をご紹介します。

【Google、2013年の検索ランキング発表 総合7位に「パズドラ」がランクイン】

1位 インフルエンザ
2位 風邪
3位 出産
4位 下痢
5位 バランス
6位 食事
7位 腰痛
8位 アレルギー
9位 皮膚炎
10位 全身性エリテマトーデス

1位のインフルエンザは「やっぱり!」という結果ですね。インフルエンザと風邪の違いを検索する人も多かったようですが、インフルエンザは高熱や筋肉痛などを伴うことが多いのが特徴だそうです。

「腰痛」はアメリカ人の80%が患っているそうで、これは日本と同じ数字です。

「アレルギー」はアメリカで年々増えているとのこと。子供の食べ物アレルギーにかかるコストは1年で約2.5兆円にもなったそうです。

「全身性エリテマトーデス」は原因不明の難病に指定されています。皮膚、関節、内臓など体のあちこちに炎症が起こる自己免疫疾患で、女性に多くみられるそうです。アメリカでは150万人がこの病気と戦っているそうです。

参考:Google Data Reveals Most – Searched Health Issues Of 2013
http://www.huffingtonpost.com/2013/12/17/google-search-health-issues-trends_n_4453484.html

お役立ち情報[PR]