お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

顎の動きで相手の心理状態が読めてくる―顎を引くのは「疑っている」

会話をしている時、人の顔はいろいろな表情を見せるもの。しかしそれが悟られるのを避け、表情をかえないようにしていると、意外にも顎の動きが心理状態を読み取るカギになることも少なくありません。そこで今回は、顎の動きで相手の心理状態を読み取る方法をご紹介しましょう。

【視線でわかる、彼の心理「目をまっすぐ見つめる=本気orウソ」】

■顎を前に突き出すのは「強気」

顎を前に突き出した場合、正面を見ようとすると目線はやや下向きになるはず。これは「強気」な感情を表しており、怒っている時や話し合いで優位に立ちたい時などに使われます。反面、自分の弱い部分を知られたくないという、気持ちの表れであることも。

■顎を引くのは「疑い」

相手との会話で思わず疑問を持った場合などは顎を引き「疑い」の感情を表します。これには自分の身体に顔をつけ、相手のウソに惑わされることなく自らを守ろうとする気持ちも含まれています。

■顎に指をやるのは「たくらみ」

考え事をしている時に顎に手をやることがありますが、指の場合はもう少し戦略的なことを考えている場合に見られます。「どうしていいのかわからない」というよりも、「どの方法が一番効果的だろうか」といったような、ある程度良い選択肢がわかっている時など、余裕がある状態にみられます。

■ほおづえで顎を手でささえるのは「退屈」

ほおづえは今の状況に「退屈」している証拠。両手で顎を押さえるようにして支えるのも同様です。その状態が続けば気持ちがおさえきれなくなり、さらに行動がエスカレートすることも。早めに今の状況を改善するようにしてみましょう。

■顎を隠すのは「避けたい」

顎や口など顔の一部を隠すような場合は、その部分を見られたくないもしくは使いたくないといった証拠であり「避けたい」といった感情の表れです。特に口を隠す人は多いですが、それは歯並びや口臭などにコンプレックスを持っている、もしくは話すのが苦手なのであまり話したくない場合などです。

さらにこれが顎までとどくと、動きから気持ちを悟られたくないといった不安を抱える気持ちも。

目や口と違い、顎の動きは案外見落とされやすいものです。表情をあまり変えない人に出会うことがあれば、ぜひ顎の動きから相手の心理を読み取ってみましょう。

お役立ち情報[PR]