お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「ここぞ!」という局面で、使いたい3つの恋愛テク「ハード・トゥ・ゲット・テクニック」

「ここぞ!」という局面が、恋愛には必ず訪れます。恋人と結婚したいと思った時、恋人が浮気に走りそうな時、恋人となかなか仲直りできない時などなど。こんな時にちょっとした恋愛テクを使えば、難しい局面を乗り切ることも不可能ではありません。

【恋人ともっと仲良くなれる恋愛テク「相手に弱みを見せる」】

「ここぞ!」という時に参考にしてみてくださいね。

■「ドア・イン・ザ・フェイス」

「ドア・イン・ザ・フェイス」とは、最初にNOと言わせるような要求を出してしまい、次に本当にYESと言ってほしい要求を出すという心理テクです。例えば仕事で忙しくてなかなか会えない恋人を、1泊旅行に連れ出したい時に、「1週間海外でゆっくり旅行しよう」と提案するようなことです。

仕事で忙しい恋人に、こんな提案をしたらNOと断られるのがオチですが、その後に実現可能な「1泊旅行」を提案すれば、最初にNOと言ってしまった罪悪感も手伝って、二番目の提案に「YES」と言ってしまいやすくなります。

このテクニックを「ドア・イン・ザ・フェイス」と言います。悪用は厳禁ですが、恋人が忙しくて時間を作ってくれないような時、恋人の気持ちが離れていってしまいそうな時など、「ここぞ」という時に使ってみてください。

■「ロミオとジュリエット効果」

「ロミオとジュリエット」のように、障害があるからこそ燃え上がる恋愛心理のことを「ロミオとジュリエット効果」と言います。こちらも悪用は厳禁ですが、「ここぞ」という時には使えるテクニックです。

例えば恋愛がマンネリ化して、恋人がデートに乗り気じゃなくなってきたような時には、邪魔者の存在を匂わせたり、会える時間に制限を加えたりして「障害」を作ってみるのです。相手がその障害を「乗り越えよう」という気持ちになれば、再び恋愛に熱い気持ちを感じてもらいやすくなります。

■「ハード・トゥ・ゲット・テクニック」

「ハード・トゥ・ゲット・テクニック」は、相手が自分にとって「特別な相手だ」と印象付けることで、相手をいい気持ちにさせたり、もしくは「得がたい人を得られた」と感じさせたりするテクニックです。仕事や商売でもよく使われる方法です。

このテクニックは、恋愛中の相手が自分を省みなくなったり、もしくは相手がコンプレックスから束縛してくるような癖がある時に使えます。「この分野では、あなたが一番」、「あなたが初めて○○してくれた」、「あなただから特別に○○する」など、ちょっともったいぶって「特別感」を演出してみましょう。

自分の気分をよくしてくれる相手は相手も大切にしたくなり、良好な関係が築きやすくなります。

「ここぞ!」という時に使える3つの恋愛テク、いかがだったでしょうか? 便利だからといって、くれぐれも悪用は厳禁。ぜひ「ここだけは、どうしても乗り切りたい」という困った時の参考にしてみてくださいね。

お役立ち情報[PR]