お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

痴漢被害に遭ったことはありますか?「はい31.9%」―最新防犯グッズも

平成23年3月10日付けで警察庁が出した「電車内の痴漢防止に係る研究会の報告書」によれば、「迷惑防止条例違反のうち痴漢行為の検挙件数」は平成21年で3,880件に達しています。大変多い数字ですが、これはあくまでも検挙数。女性が怖くて言えないなどの理由で、表に出ない事件があるといわれています。実際に痴漢被害に遭う女性はもっと多いのではないでしょうか? 女性に痴漢被害について聞きました。

【痴漢被害を未然に防ぐ! 働く女子の「通勤ラッシュの痴漢対策」】

■痴漢被害に遭った女性多すぎ! なんと3人に1人!

Q.女性に質問です。あなたは痴漢被害に遭ったことがありますか?

はい 114人(31.9%)
いいえ 243人(68.1%)

痴漢被害に遭ったことがあると答えた人は、なんと約32%にもなりました。つまり、だいたい3人に1人の割合で痴漢被害に遭う女性がいるということです。これは多いですね。

被害に遭った女性に、その痴漢を捕まえることができたかを聞いたところ……。

■ほとんどの被害が見逃されている!

Q.「痴漢被害に遭ったことがある」と答えた人に質問です。その痴漢を通報するなど、捕まえることはできましたか?

はい 10人(8.8%)
いいえ 104人(91.2%)

通報などして、犯人を捕まえることができたのは1割にも達していません。ほとんどの痴漢被害が表に出ていないのです。これはひどいですね。8.8%が表に出ているとすると、上記の検挙数3,880件の裏で、実は4万4090件の痴漢被害があったことになります。

■痴漢被害は電車の中が多い!

痴漢被害に遭ったことがあると答えた女性114人に、その被害場所を聞いたところ、57人が「電車の中で」「満員電車で」と回答しました。通勤や通学などで使う電車は最も痴漢被害に遭いやすいスポットのようです。

中には、
●思い出したくありません。(東京都/女性/32歳)

といった回答もあり、痴漢被害は女性に重いトラウマを残すようです。「痴漢許すまじ!」であります。

■痴漢撃退グッズのあれこれ

最近、防犯グッズの販売店は、女性向けの商品にも力を入れているそうです。女性が持ちやすいように工夫されているグッズも出てきているそうです。また、娘さんのことを心配してお父さんが購入する例もあるとのことです。

いくつか防犯グッズを紹介します。

●防犯ブザー
何かあったときにひもを引くと大きな音が鳴ります。周囲の注目を集めるためのグッズです。980円ぐらいからあります。

●防犯スプレー
刺激性の液体を噴霧します。本格的なものは警察や軍隊で使われていますが、最近では一般でも簡単に使えるものが販売されています。例えば『護身用防犯スプレー かけちゃうゾ』という商品は、辛子オイルを噴霧するもので価格は735円ぐらいです。

●防犯警棒
一振りすると、カチャッと伸びて警棒になる「防犯警棒」です。身の危険があるときに護身用として使えます。女性がかばんに忍ばせるには無骨なものですが、最近ではこういった製品も注目されているそうです。価格は5,000円ぐらいからあります。

痴漢被害が世間でいわれているよりももっと深刻なものであることが分かったアンケート結果でした。もっと取り締まりを強化するべきなのでしょう。

⇒「電車内の痴漢撲滅に向けた取組みに関する報告書」
http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/h22_chikankenkyukai.pdf

⇒防犯グッズを販売している『総合防犯センター マックスガレージ』
http://www.maxgarage.co.jp/

調査期間:2013/8/24~2013/8/31
有効回答数 357件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(高橋モータース@dcp)

お役立ち情報[PR]