お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

日常の仕草をかわいく見せる工夫「コップは両手」「吊革ではなく人の裾を持つ」

女性の何気ない仕草は、ときに男性にとって妙にかわいく映ることがあるもの。もしかすると女性の中には、さりげない仕草に一工夫を入れることで、「かわいい」を演出している人がいるのかもしれません。そこで、読者の女性の皆さんに「実際にやっている、日常の仕草をかわいく見せる一工夫」を聞きました!

【嫌われてしまう会話の時の仕草とは?―「揉み手」「ペンや携帯をいじる」】

調査期間:2013/11/16~2013/11/23
有効回答数906件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

「コップを両手で持つ」 (23歳/女性)

この意見に納得した男性は筆者だけでしょうか? 女性は両手で持つだけで、だいぶかわいさが増す気がします。

「髪を耳にかけるときは、左手で右耳、右手で左耳。クロスさせると色っぽい気がする」(24歳/女性)

クロスの法則はよくいわれますが、確かに色っぽさが違いますよね。大人なイメージです。

「チャンスがあったら首を傾げてみる。『いい歳して』と思われるかもしれないが……」 (27歳/女性)

うまくいけば効果絶大、失敗すると……。でも首を傾げる動作は、シンプルながらかわいいですよね。

「毎回ではないが、勝負のときは電車で吊革でなく人の裾をつかむ」(27歳/女性)

これはしたたか過ぎます! 乗車時はあえてどこもつかまないで、揺れた瞬間とっさに袖をつかめば自然に見えるかも。

「ご飯を食べた後、『お腹がいっぱい』と言いながらお腹をポンポンさわる」(27歳/女性)

無邪気な姿を見せるのも効果的ですよね。腹八分でも“お腹いっぱいアピール”をしましょう。

「髪をふんわりさせるために、トイレに行ったら必ず髪をワシャワシャする」(31歳/女性)

ちょっとしぐさとは違いますが、こんな意見もありました。ワシャワシャといっても、そこには一定のテクニックが必要そう。やり方を間違えると、「トイレで何があったんだろう」と疑われる可能性がありますから。

多くの女性がかわいさをアピールするために「一工夫」している様子。女性の皆さん、もしかすると自分の知らないうちに隣りの女性がさりげなく“かわいいアピール”をしているかもしれませんから、後れを取らないよう対策を考えておくといいかもしれません。

(J.B.河合+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]