お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ファストフード店に囲まれて住んでいると、芸術作品を鑑賞した時、作品に対する反応が乏しくなる

住んでいる場所はそうそう簡単に変えられるものではないけれど、もしも引っ越しのご予定があるなら、まずは一読を!カナダ、トロント大学の研究員の調査によると、ファストフード店に囲まれた住環境の人は、絵画やオペラなど芸術作品を鑑賞した時、作品に対する反応が乏しいとのこと。

【ファストフード好きの人は、ホッとする時間を楽しまない―研究結果】

調査では「待つことを嫌う文化」の究極のシンボルに接して生きることが、人々の「幸せ体験能力」にどのように影響するかを調べたそう。まず、被験者に対して音楽を流し、聴いてもらい、その際客観的な観察結果に加え、本人たちによる主観的な感想を聴取。

そうしたところ、ファストフード店の多い環境に住んでいる人には、「忍耐力」の不足に起因する、音楽に対するポジティブな意見の低下がみられ、音楽を長く感じる傾向があったそう。また自然風景を写した絵を見せたところ、絵から得られる幸福感も乏しかったとか。

こうした反応、ファストフードの乱立によって、いつでも食べるものが即手に入るという習慣がつき、知らずうちに利便性史上主義の人間になってしまっているということでしょうか。ファーストフード以外にも、コンビニ弁当や冷凍食品、加えて食に限らず買い物も、インターネットでワンクリックでできる時代。

忙しさの中で利便性を追求しがちですが、たまにはゆっくりと美しい絵や音楽を鑑賞して、心を育む時間も持ちたいですね。

参考:Just living near fast food restaurants robs you of joy in life, says study
http://blogs.discovermagazine.com/seriouslyscience/2013/11/21/just-fast-food-restaurants-neighborhood-makes-less-able-savor-pleasurable-experiences/#.Uqixt429LCT

お役立ち情報[PR]