お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

日常で「なぜ?」と感じてしまう瞬間1位「十分睡眠を取ったはずなのに、仕事中ウトウトしてしまう」

スマホや携帯電話が振動したように感じ、取り出してみると何の着信もなかったなど、普段の生活の中で、「どうしてこんなことが起こるんだろう?」とちょっと不思議に思うことってありませんか? そんな、日常で「なぜ?」と感じてしまう瞬間について、読者665名に聞いてみました。

【信じる? 信じない? 20代女子が出会った「不思議な体験」ランキング】

Q.日常で「なぜ?」と感じてしまう瞬間について教えてください(複数回答)
1位 十分睡眠を取ったはずなのに、仕事中ウトウトしてしまう 53.7%
2位 探し物をしているのに、何を探していたのか忘れてしまう 28.9%
3位 どこもぶつけた記憶がないのに、いつの間にか体の一部にアザができている 24.7%
4位 外出後に玄関のドアを施錠し忘れた気がして無性に気になってしまう 18.8%
5位 正しく書いているはずの漢字がどこか違っているような違和感を覚える 17.4%

■十分睡眠を取ったはずなのに、仕事中ウトウトしてしまう

・「いつもより2時間多く寝ても、昼間は眠い」(28歳女性/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「どうして寝ても寝ても足りないのか? と日々思います」(34歳男性/機械・精密機器/営業職)
・「どんなに睡眠をとっても、バスに乗ると眠たくなります。上司の車に乗せていただいた時、うとうとしてしまって、やばかったです」(27歳男性/学校・教育関連)

■探し物をしているのに、何を探していたのか忘れてしまう

・「何を探していたか、何をしにこの部屋に来たのか、よく忘れるので困ります」(22歳女性/金融・証券/営業職)
・「物を取りに行くうちに、何をしようとしたか忘れてしまう」(37歳男性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「インターネットで検索しようと思っていた言葉を忘れてしまうことがたまにある」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■どこもぶつけた記憶がないのに、いつの間にか体の一部にアザができている

・「あざはたまにあることがある。全然記憶にないので、寝ていたときにぶつけたということにしている」(33歳男性/情報・IT/専門職)
・「お風呂に入るときに気づくことが多い」(27歳女性/電機/技術職)
・「たまに全く覚えのないアザがあると、夢遊病かなにかと思って心配になることがあります」(45歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

■外出後に玄関のドアを施錠し忘れた気がして無性に気になってしまう

・「出掛けてすぐでなく、ちょっとしてから気が付くので時間をかけて戻るべきか、そのままにすべきかとても迷う」(25歳女性/運輸・倉庫/技術職)
・「無意識な行動からこそ後で気になる」(47歳男性/建設・土木/技術職)
・「疲れている時や睡眠不足の時に、気になることが多いなと思います」(30歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)

■正しく書いているはずの漢字がどこか違っているような違和感を覚える

・「たまに思って、あっているのに間違っている気がして、いらいらしてくる」(38歳女性/小売店/事務系専門職)
・「書き直せば書き直すほど、間違ってる気がしてくる」(40歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/技術職)
・「ひらがなでも起こる現象」(27歳女性/医薬品・化粧品/営業職)

■番外編:これらの現象も一説の原理あり?

・しっかり食事してそれほど経っていないのにまた空腹感を覚える「満腹中枢がいかれてるのかと思う」(34歳男性/情報・IT)
・ふと時計を見たとき、秒針が1秒以上経ってから動いたように見える「仕事中によく感じる」(29歳女性/小売店/秘書・アシスタント職)
・社内や街中などで、自分の名前が呼ばれたような気がする「昨日まさに遭遇したケース」(29歳男性/不動産/販売職・サービス系)

●総評
1位は「十分睡眠を取ったはずなのに、仕事中、眠気におそわれること」でした。一体、どれだけ眠れば、眠気から解放されるのでしょうか? 中には「自分は病気ではないか?」とまで思ったことがある人も。「リラックスした精神状態で就寝」「規則正しい時間に就寝」すれば、質の良い睡眠が取れ、寝覚めがよく、すっきりした状態で日中を過ごせるようです。

わかっていても難しい……。

2位は「探し物をしていて、何を探していたのか忘れてしまうこと」。特に、何かを取りに家の中を移動したときなど、その部屋に入った途端、目的を忘れてしまったりします。人間の脳は、それまでと違う空間認識をすると、直前の空間での出来事を刷新してしまうようにできているという研究発表があるそうです。

これは年齢に関係なく、私達の脳に備わっている機能のせいだとか。

3位は「どこもぶつけた記憶がないのに、いつの間にか体にアザができていること」。青アザの多くは、毛細血管の微量の内出血で、軽くどこかにぶつけたぐらいでもできてしまうことがあるそう。毛細血管の弱い人には特にこういうことが多いらしく、頻繁にあるようなら、ビタミンCや鉄分不足、またはタンパク質が十分にとれていないといった原因があるかもしれないので気をつけましょう。

「あれ? おかしいな?」と思う事柄にも、さまざまな研究がなされているのですね。原因がわかったからといって、「なぜ」と感じてしまうことには変わらないかもしれませんが……。
(文・OFFICE-SANGA 宇喜多あつし)

調査時期:2013年11月23日~2013年11月29日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性256名、女性409名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]