お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

世界で活躍! 現在多くの外国人からリスペクトされていると思う日本の著名人1位「イチロー選手」

芸術、スポーツ、学問、産業経済など、さまざまな分野において、海外でも活躍中の日本人がいますよね。現在多くの外国人から尊敬・評価されていそうな日本の著名人と言えば、誰を思い浮かべるでしょうか? 読者665名に聞いてみました。

【“全ての人が見るべき場所”が1位に。「外国人に人気の日本の観光スポット」】

Q.世界で活躍! 現在多くの外国人からリスペクトされていると思う日本の著名人を教えてください(複数回答)
1位 イチロー(米大リーグ・ヤンキース外野手) 67.8%
2位 宮崎駿(アニメ作家・映画監督・漫画家) 32.3%
3位 北野武(映画監督) 27.8%
4位 小澤征爾(指揮者) 16.5%
5位 山中伸弥(医学者) 14.1%
5位 村上春樹(小説家) 14.1%

■イチロー(米大リーグ・ヤンキース外野手)

・「やっぱりメジャーリーグでも超一流の結果を出したのは、インパクトあると思う」(26歳男性/マスコミ・広告)
・「その取り組む姿勢と、しっかりと海外で結果を残しているところ」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「小さい時によくわからなかったが、すごいと思っていた。今は本当にすごいと感じる」(28歳女性/人材派遣・人材紹介/技術職)

■宮崎駿(アニメ作家・映画監督・漫画家)

・「日本のみならず、海外にもファンが大勢いるから」(24歳男性/農林・水産/技術職)
・「うちの会社にタイからの研修生が来てるのですが、宮崎駿のことを知ってて驚いた」(41歳男性/自動車関連/技術職)
・「海外のビデオ屋さんでもよく見かけるので、おそらくファンが多いと思うから」(23歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

■北野武(映画監督)

・「世界の北野といわれているから」(30歳男性/情報・IT/技術職)
・「オーストラリアに住んでた時、テレビで”戦場のメリークリスマス”放送していた。現地の友達が歓喜して見てたのでちょっとビックリした」(45歳女性/警備・メンテナンス)
・「フランス人の友人が日本に来た時に、北野武の映画のDVDを買いたいと言ってCDショップに連れて行った。彼の映画の素晴らしさを熱く語られた」(30歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

■小澤征爾(指揮者)

・「影響を受けている音楽家が多そうだから」(26歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「世界で有名だから、ということで、日本で知れ渡ったような気がする」(31歳女性/人材派遣・人材紹介/技術職)

■山中伸弥(医学者)

・「世界を救う可能性がある人だから」(31歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「人柄も研究もすばらしいから」(29歳男性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

■村上春樹(小説家)

・「毎年、ノーベル賞候補になるくらいですから」(41歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「世界中で本が売れているから」(26歳女性/生保・損保/事務系専門職)

■番外編:五輪セレモニーや教科書にも登場!

・坂本龍一(ミュージシャン・作曲家)「他国のオリンピックの開会式を任せられるとか、リスペクトされてなければ有り得ない」(40歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/技術職)
・オノヨーコ(芸術家・故ジョン・レノン夫人)「英語の教科書に載っていたから」(30歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・オノヨーコ(芸術家・故ジョン・レノン夫人)「世界のジョンレノンの妻だから」(33歳女性/医薬品・化粧品/専門職)

●総評
1位は「イチロー」選手でした。日米通算4,000本安打や、MLBシーズン最多安打など、数々の記録を打ち立ててきたメジャーリーガーで、現在はNYヤンキースで活躍中。そうした実績はもちろん、野球に取り組む姿勢やプロ意識など、多くのアメリカ人が感心しているであろう、彼のパーソナリティにも点が評価されました。

2位「宮崎駿」、3位「北野武」と、日本が誇る名監督がランクイン。宮崎氏の作品のファンが海外にも大勢いることは、日本でもかなり知られているようです。北野監督は、日本ではタレント「ビートたけし」としての知名度が一般的ですが、フランスをはじめヨーロッパでは、映画監督としてかなり高い評価と称賛を受けています。

4位「小澤征爾」氏は、ボストン交響楽団の音楽監督として世界的に認められた音楽家。5位には「山中伸弥」氏と「村上春樹」氏が選ばれました。山中氏はノーベル賞だけでなく、再生医療という研究分野が世界的に注目されているとの理由も大きいようです。

村上氏には、ノーベル文学賞候補として名前が挙がっている点を理由とする意見が目立ちます。

大きく分けて、スポーツ界重視派、芸術・音楽分野重視派、アメリカ重視派、ヨーロッパ重視派の4パターンの傾向が見られました。しかし、それらの中で圧倒的多数の支持を得たイチロー選手は、それだけさまざまな世代や価値観を越えて、「世界に誇れる日本人」として認識されているということなのでしょう。

(文・OFFICE-SANGA 宇喜多あつし)

調査時期:2013年11月23日~2013年11月29日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性256名、女性409名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]