お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

相手に話しかける時に覚えておくと良いこと―「いきなり本題」はNG

相手が恋人だったり、あるいは会社の上司だったり、その場のシチュエーションに違いはあっても、相手に自分の考えに同意してもらいたいということはよくありますね。しかし、話し方が悪いと結果は期待通りになりません。

【口下手でもOK!好感度が格段にアップする会話術】

それでは、相手が思わずうなずいてしまう話し方のテクニックを紹介しましょう。

■「いきなり本題」はNG

まず心がけなければならないのが、「前置きの言葉」です。あいさつのあと、いきなり本題に入ることは原則としてNGと思っておいた方がよいでしょう。単刀直入に本題を告げるのは、よほどの例外的な状況の場合のみで、相手が話を落ち着いて聞く体制になっていないときに本題を持ち出すのは、相手にマイナスのイメージが残ってしまうので、避けたほうが無難なのです。

■プラスイメージの前置き言葉を

深刻な相談事をするときは、話題が暗いだけに、前置きの言葉はできるだけ明るい雰囲気の言葉を選んで話しかけるのがよいでしょう。相談に乗ってもらうというとは、知恵を出してもらってマイナスをプラスに変える提案を模索することなので、前置きの言葉で、相手にプラスのイメージを持たせることが肝心なのです。

■「すみません」の口グセは直そう

口グセとして「すみません」を連発する人が少なくありませんが、この口グセは改めた方がよいでしょう。本来、「すみません」は相手に謝罪するときに使う言葉です。

あまりに「すみません」が多いと、相手に軽く見られてしまい、せっかくの良い提案も真剣に検討してくれなくなってしまいがちなのです。特に、最初に「すみません」の一言から入るのだけは避けるようにしたいものです。

■ボディーランゲージを取り入れる

会話が盛り上がると、話し好きの相手は自分のペースで自分の意見をまくし立てるので、こちら側の意見を持ち出すチャンスを失ってしまうことがよくあります。

自分の意見を相手にうまく伝えるには、相手が「君の意見は?」と尋ねたくなる雰囲気を作る必要があります。そのためには、相手の意見にタイミングよく相槌を打ち、話の内容によって微笑んだり笑ったり、感心してうなずいたりという、いわゆるボディーランゲージを多く取り入れることが有効です。

お役立ち情報[PR]