お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

ずっと信じきっていた、健康にまつわる間違った通説1位「焦げたものを食べると癌になる」

親に言われたり、人から聞いたりして、気をつけるようにしてきた健康上の注意点などは、誰もが思い当たるでしょう。しかしその中には、科学的、医学的には疑わしいものも多数あるようです。そんな「信じきっていた健康にまつわる間違った通説」について、読者665名に聞いてみました。

【えっ、コレって違うの!? 働く女子たちが最近まで信じていたこと】

Q.ずっと信じきっていた、健康にまつわる間違った通説を教えてください(複数回答)
1位 焦げたものを食べると癌になる 40.8%
2位 年を取ると筋肉痛が遅れてやってくる 32.5%
3位 一度毛を剃ると、以前より濃くなってしまう 25.1%
4位 コラーゲンを多く摂取すると美肌効果がある 20.0%
5位 暗い場所で読書をすると近視になる 17.3%

■焦げたものを食べると癌になる

・「タンパク質が焦げると体に悪いと思って、ハンバーグの焦げた部分を捨てていた」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「テレビであまり関係ないと言っていたときはかなり驚いた」(19歳男性/印刷・パルプ)
・「ずっと注意してきたけど、これを知ってから焦げてるものも普通に食べるようにしてます!」(27歳男性/運輸・倉庫)

■年を取ると筋肉痛が遅れてやってくる

・「ある程度、実感があるので信じてしまう」(30歳女性/自動車関連/事務系専門職)
・「これがうそだと聞いたときは信じられなかったし、現にいま年を重ねてくると事実のように思える」(47歳男性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「ずっと親などが言っていたので疑うこともしませんでしたが、最近になって科学的根拠はないと聞きました」(21歳女性/小売店/事務系専門職)

■一度毛を剃ると、以前より濃くなってしまう

・「ずっとそう思っていた。今これを見て初めて間違っていると知った」(25歳女性/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「母がそう言って、私の脱毛を阻止してきたから」(23歳女性/機会・精密機器/事務系専門職)
・「最近まで信じていてエステで笑われた」(27歳女性/電機/技術職)

■コラーゲンを多く摂取すると美肌効果がある

・「違うんですか? コラーゲンって、あんなに持ち上げられてたのに」(30歳女性/学校・教育関連/営業職)
・「コラーゲンブームの時は必死で口にしていたので、注ぎ込んだお金を返して欲しい」(31歳女性/情報・IT/クリエイティブ職)
・「コラーゲンは食事で取ってもたいして効果がないときいて驚きました」(30歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

■暗い場所で読書をすると近視になる

・「小さいころ親にさんざん言われてたので信じていた」(30歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「明るいところのほうがいいと思っていた」(25歳男性/医薬品・化粧品/技術職)
・「同じことをしていたのに、知人はいまだに視力Aです」(40歳女性/小売店/販売・サービス系)

■番外編:経験上、ウソとは思えない!

・酒が弱い人も訓練すれば人並みに飲めるようになる「実際に弱い友人が飲むことで強くなったのを見てきたから信じられません。ビール一杯で頭痛していたやつが焼酎まで飲めるようになったから」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・足裏のツボと内臓との相関関係(足裏反射区)「そのつぼを押したら調子がよくなったので」(28歳男性/自動車関連/技術職)
・熱が出たときは汗をかくとよい「汗をかけば熱が下がると信じていたから」(49歳女性/小売店/販売職・サービス系)

●総評
1位は「焦げたものを食べると癌になる」です。肉や魚などに含まれるアミノ酸の一種は、焦げると発ガン性物質に変化することがわかっています。しかし、体重60kgの人が、毎日1トン以上もの量を摂取してはじめて可能性が出てくるとのこと。

普通の食生活で摂取する分には、影響はないようです。炭水化物や野菜などの焦げには、発ガン性物質自体、含まれていないといわれています。

2位は「年を取ると筋肉痛が遅れてやってくる」。科学的に実証はされていないそうですが、実際に若い頃に比べ、筋肉痛が2日ほど遅れて発症するようになったという人も多いと思います。これは普段あまり使わない筋肉を急激に動かすと、1、2日後に筋肉痛がやってくることが多い模様。

つまり、年齢よりも運動不足が原因ということのようです。

3位「一度毛を剃ると、以前より濃くなってしまう」も、実際にそう感じる人が少なくありません。ところがこれも医学的根拠はなし。以前から生えていた毛は日光や摩擦によって色褪せているのに対し、新しく生えてきた毛は黒々としているので、色は濃くなったと言えるかもしれません。

しかし、毛の量や密度が増えるというわけではなさそうです。

4位は「コラーゲンによる美肌効果」。身体の皮膚を構成するタンパク質の一つですが、摂取したからといって、それがすべて皮膚を構成するタンパク質として活かされるわけではないそう。いったんアミノ酸に分解され、体内さまざまな用途に使われていきます。

その中の一部は、皮膚を構成するタンパク質にまわされるかもしれないので、絶対に間違っているとはいえなそうですね。

5位は「暗い場所で読書をすると近視になる」。これも医学的には「関係ない」とされています。これが真実なら、ロウソクの灯りのみだった時代に比べ、遥かに近視が減っているはず。しかし、現代の方が若くからメガネやコンタクトに頼っている人が多いそうです。

もちろん、暗いところで本などを読めば、目が疲れやすいのは事実ですが……。
(文・OFFICE-SANGA 宇喜多あつし)

調査時期:2013年11月23日~2013年11月29日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性256名、女性409名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]