お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

復縁した後の周りの反応―「周りから、あぁやっぱり……という哀れみの目で見られた」(22歳女性)

一度はお別れしてしまった相手と、またお付き合いをすることになる。いわゆる「復縁」です。時間がたって、お互いに成長し、取り巻く環境が変わったら、自然とそうなることもあるのかもしれませんね。しかし、気になるのが周囲の反応です。

【復縁アドバイザーに聞いた、復縁女子急増の理由】

「パートナーを再度紹介する」ことは、なんだか少し微妙な感じ? 実際に復縁を経験した方に、周囲の反応を聞いてみました。

■とにかくびっくり!

・「『そうなのー! なんでー?』と皆に聞かれた」(30歳女性/食品・飲料/事務系専門職)

・「5年ぶりに復縁したので驚かれました」(26歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)

周囲に驚かれた!という復縁カップルが多いようです。どんなスタイルであっても、「別れ」には大きなエネルギーが必要です。そうまでして別れたのに「また付き合うの!?」と驚くのは、自然な感情なのかも? 驚きの後に来る感情が気になります。

■祝福

・「また何でも話聞くから頑張れ!と応援してくれた」(25歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「結果別れたけど、2人は絶対一緒にいたほうがいいみたいな感じで喜ばれた」(27歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

こちらは、驚きの後に祝福がやってきたパターンです。「別れるなんてもったいない」と思われていたカップルに多いのではないでしょうか。また、どちらかが強い復縁希望を持っていた場合にも、あてはまるでしょう。復縁であっても、思いの成就はめでたいものです。

■何かと心配

・「私は、もうきっぱり別れるつもりでいて、話していたので、ぐだぐだになるのではないかと思われたっぽい」(30歳女性/学校・教育関連/技術職)

・「やめときといわれた」(27歳女性/小売店/営業職)

こちらは復縁反対パターンです。周囲から見て、お付き合い期間中の様子が、あまり幸福そうではなかったとしたら……。やはり素直に喜ぶことは出来ないでしょう。また同じことになるのでは、という心配から、周囲に反対された方も多いようです。

■あきれられた?

・「同じ人と何度もしたことがある。またって言われる」(27歳女性/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「周りから、あぁやっぱり……という哀れみの目で見られた」(22歳女性/情報・IT/技術職)

中には、別れと復縁を何度も繰り返すカップルも……。恋愛関係は、本人にしか分からないことも多いでしょう。きっと復縁は、自然な感情の流れによるもの。ただ、周囲からは「どうせすぐに別れるくせに」なんて思われているのかも!?

■気になる復縁、その後……

・「復縁してもうまくはいかないことがよーく分かった」(32歳女性/金融・証券/事務系専門職)

最後に、気になる復縁後についてです。もちろん復縁してうまくいくというパターンもありますが、アンケートでは「結果として再度別れてしまった」という意見が目立ちました。やはり一度「別れ」を選択してしまったカップルは、再度の選択もしやすいのかもしれませんね。

よっぽどお互いが成長していなければ、難しいのかもしれません。

復縁への周囲の反応は、実に様々なようです。もしかしたら、周囲の反応から、復縁後の二人がうまくいく可能性を推察することができるのかもしれません。仲の良い相手になら、正直に「どう思う?」と聞いてみるのも一つの方法ですよ。

※『マイナビウーマン』調べ。2013年11月23日~29日にWebアンケート。有効回答数652件。

お役立ち情報[PR]