お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

話の内容をうまくまとめる方法とは?「要点を箇条書き風にして、数字は簡潔に」

「言いたいことが、なかなか相手に伝わらない」ということはありませんか? 「どうして私の言うことが理解できないのかな?」と、責任を相手に押し付けてはいませんか? それらは単に話術が未熟なだけなのです。話の内容をうまくまとめる方法を以下に伝授しましょう。

【口下手でもOK!好感度が格段にアップする会話術】

■不要な話題は捨てること

「引っ越しの際は思い切って物を捨てろ」といわれます。つまり、不要なものを持っていても邪魔になるだけなので、捨てる勇気を持とうという意味です。実は会話も同じで、まとまりのない話をする人に限って、余計な無駄話がやたら多いものです。

不必要な話題に邪魔されて、話の本質が見えなくなってくることが少なくありません。話しかける前に、必要な話題と不必要な話題を取捨選択しておきましょう。

■「例え話」はほどほどにしておこう

「話を分かりやすくするためには例え話が効果的」ということがよくいわれています。これは、会話のテクニックとしてその通りなのですが、例え話もほどほどにしておかないと、本来の話の内容がぼやけてしまうので要注意です。

それに、長すぎる喩え話は会話が脱線してしまうことが少なからずあるので、この点も十分配慮しておきましょう。

■要点を箇条書き風にして、数字は簡潔に

こみいった話題の場合、話の要点を文章でいう「箇条書き」にして伝えることは効率的です。例えば「重要な事柄は次の3つです。第1番目は……」という話し方ですね。要点を箇条書きにまとめることで格段に分かりやすくなります。事前に、紙に書き出しておくのも良い方法でしょう。

そして、数字などはできるだけ簡潔に伝えることが大切です。数字の羅列になってしまうと、記憶が混乱してしまうことが多いからです。

■リズミカルな会話を心がけよう

会話は、人間だけができる言葉でのコミュニケーションです。そして、相手に受け入れてもらいやすい会話にするには「リズミカルな話し方」をする事が大切です。会話は、言葉の社交ダンスと思ってください。抑揚のない、一本調子の話し方では、せっかく良い内容の話であっても、相手が退屈に感じてしまうだけです。

会話の節に強弱を付け、相手の反応を見ながら、「ここぞ!」という所は、ちょっと声を大きめに話すと効果的です。落語や漫才などを鑑賞するのも、会話術の向上に役立ちますよ。

お役立ち情報[PR]