お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

【当たる占いレポート】シヴァ神のお膝元であるカイラーサ巡礼も―目に見えない世界の専門家「sator氏」

松本玲子

5年刻みでの運勢の流れが分かる「人型数秘術」

子どもは親を選んで生まれてくるという。しかし実際のところ、それが真実であると証明することは難しい。だが、着眼点をスライドさせて、「なぜ、その親を選んだのか」ということに意識を向けてみると、神秘的なものに対して懐疑的見解を持つ人でも、すべてを否定することはかなわなくなるのではなかろうか。

【【男性編】悩みを聞いてもらいたいご当地占い師ランキング1位「新宿の母(東京都)」】

呪術や占いから霊的なものまで、「目に見えないもの」に精通し、鑑定士として活躍しているsator(サトール)さんによると、子どもが親を選ぶのは、「この世に生まれてから学ばなければいけないこと」が一人ひとり異なるからだという。

つまり、神(と定義付けられる存在)が、「あなたはこういうことを学ぶ必要があるから、この親のところに行きなさい」と生まれる先を決定するのだ。

このため、姓名や旧姓(未婚の場合は親の旧姓)によって「人型数秘術」を作成すれば、人生の骨格が大筋見えてくるという。

「人型数秘術」とは、特定の計算式に基づいて、運勢の遷移や身体の悪い箇所を割り出していく占術。算出することによって、生まれ持った使命や5年刻みの人生の流れまで分かるのだとか。

鑑定に必要な情報を伝えて、早速、見てもらったところ、まず、私の核となる数字は「6」。この数字は、「何かにチャレンジする力を持って生まれている」ことを意味するそうで、そのために必要な度胸や覚悟、人並み外れたバイタリティが備わっているという。

さらに、現在の運勢を尋ねたところ、「どういう風に転ぶかはあなたの行動次第」だという。どういうことなのだろう?と思って詳しい説明を求めると、「スピリチュアル関連の記事をよく書くようになったのは最近のことですよね?」との切り返し。

そうです。と答えると、「こういう世界のことって万人に受け入れられるものではないし、記事にして読者に伝えるのが困難なこともあると思います。同時に、あなた自身が猜疑心を抱くこともあるかもしれませんが、拒絶してしまうと運気があがりにくく、逆に心を開いていくと運が開けてくる時期です」とsatorさん。

おっしゃる通り、私はここ1、2年でスピリチュアル関係の取材や執筆がぐんと増えたのだが、数秘術を用いればそんなことまでお見通しとは驚きである。

さらに、次の5年間もみてもらうと、この時期は経済的に発展していく時期で、仕事に対するスタイルや在り方が確立していくのだとか。

「人型数秘術では、5年ごとのサイクルで鍵となる数字が決まっています。それぞれの数字には意味があり、それをしっかりと理解することで、仕事でもプライベートでもよい結果を出しやすくなります」。

また、数字は身体の各部位に当てはめられているのだが、このうち「7」がはめられているパーツはウィークポイントなので注意することが必要だとか。

私の人型を見ると、目、足、脇腹にそれぞれ7がある。「眼精疲労、腎臓病に気を付けたほうがいいですね。足も疲れが出やすいです」。確かに、これまでにも瞼の痙攣や腎盂炎で医者にかかったことが数度あるし、足腰も弱いほう。satorさんの言葉を聞き、俄かに、普段の生活を改める必要性を痛感する。

「数秘術は、人類の英知のようなもの。“こういうことをするとよりよい人生を送ることができますよ”ということを分かりやすく知ることができるんです」との言葉通り、自分のことを客観的に理解するのに大いに役立つ占術である。

しかし、satorさんに鑑定してもらうことの醍醐味はこれだけにあらず。前述した通り、satorさんは「目に見えない世界」に精通しているので、具体的な悩みを持ち掛けると、霊的能力を用いて、解決策や今後の流れを提示してくれるのだ。

そこで、仕事に関して詳しくみてほしいと申し出たところ、「鑑定を始める前から、今後、自分のスタイルがハッキリ確立してくるのがみえていました。そこからが勝負ですね。

活動的に動いていると、“こういうやり方っていいな”と気付くときがきますので、そこで自分なりのスタイルを築けば、人からの評価がぐっとあがるはず。ちなみに、今後、作詞作曲の分野ですごく伸びていく兆しがあるので、そこに力を注ぐといい結果が残せますよ」とsatorさん。

そして最後には、「どういう人生を歩みかはあなた次第ですが、どんな選択をしようと確実に発展していける人。目標を見失わず前を向いてがんばってほしいです」とのあたたかい言葉までかけていただき、モチベーションが著しく向上するのを実感できた。

なお、現在、satorさんはメールでの鑑定を受け付けているとのことなので、相談したいことがある人は、ぜひブログにアクセスしてみるべし!

(松本玲子)

●information
占い鑑定師 背中支え人★SATORの悟る日々
http://ameblo.jp/sator9/
【メール鑑定】1往復=2,700円、2往復=3,600円
【電話鑑定】30分=5,000円(電話料金無料)、1時間=9,000円(電話料金無料)
※人型数秘術法の手引書を希望する場合、 4,500円でご用意します。

目に見えない世界の専門家「sator氏」

satorさんプロフィール:後輩の自殺をきっかけに、目に見えない世界のことを探究すべく、フィリピンへ渡ることを決意。現地では、シャーマンが古くから実践している特別な魔術や、タイの僧侶が体得しているマントラなどに触れて鍛錬を積み、シヴァ神が住むといわれるカイラーサ(仏教やヒンドゥー教などの聖地とされるカイラス山)も巡礼。また、聖山バナハウやアラヤットでも修行を重ね、確かな叡智を身につける。鑑定を通して、「苦しいときほど、人とのすばらしい出会いがあること」「あきらめずに歩み続けることの大切さ」などを説き続けている。

お役立ち情報[PR]