お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音雑学 女性の身体

妊娠、その驚くべきカラダの変化!? 「腹毛が濃くなった」「形が出るほど蹴る胎児」「でべそ」

妊娠中、どんどん変わっていく自分の姿に、生命の神秘を感じるお母さんは多いと思います。ただし「これは知らなかった」という変化、「これは恥ずかしい」「困った」という変化もある様子。妊娠経験者の女性に、カラダの変化でどんなことに驚いたのかを聞いてみました。

■妊娠で肌がきれいになった、代謝がよくなった

・「体温が高くなり、お肌がきれいになりました。妊娠前は吹き出物がよく出ていたのですが、妊娠後肌荒れがなくなりました。ホルモンバランスの影響でしょうか」(30歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「冬なのに代謝がとても良くなって、もともと冷え性だったけれど汗をかいていた」(27歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「冬でもポカポカ暑いくらいだった」(33歳/その他サービス/販売職・サービス系)
妊娠では「おなかが大きくなる」という変化だけでなく、体温が高くなったり、代謝が良くなったり、肌がきれいになったりという変化もあるようです。女性にはちょっとうれしい変化かも!?

■一方で、「むくみ」があらわれることも

・「臨月は、水を飲んでも太って、どうしようもなかった。体重が増え過ぎといわれたが、水さえ飲まないというわけには……。全身がむくんで結婚指輪が外せなくなった」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

妊娠中はホルモン作用や体形変化が原因で、下半身に水分がたまりやすくなることがあるようです。これも妊娠してから、初めて知ることが多い内容です。

■骨盤がゆるんでいくことで、腰痛に悩まされた

・「とにかく骨盤周りがゆるんでいくので腰痛など、本当に痛かったです。臨月あたりでは、骨がみしみしきしんでいくような感じでした。うつぶせになれなかったり苦しかったり、頻尿だったりスッキリしなかったり、それが出産後スッキリ! でうれしかったです」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

妊娠中は赤ちゃんが出やすいように、ホルモンの影響でどんどん骨盤がゆるんでいきます。これが腰痛やさまざまな不快感の原因になり、苦しむお母さんも多いとか。この方は、出産後スッキリしたみたいです。良かったですね!

■これは知らなかった! 「お腹の毛が濃くなる」「でべそ」

・「お腹の毛が面白いほど濃くなる。出産してしばらくすると消えるので面白い」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

・「友人が妊娠したとき、すごくでべそになったらしい。へそのごまを取り放題だと笑っていた。すごく豪快で『母って強い』と思った」(27歳/ソフトウェア/技術職)

妊娠中におなかの毛と、でべそが目立つようになる人もいます。おなかの毛が濃くなるのは、妊娠中に分泌される女性ホルモンが発毛を促し、脱毛を促す男性ホルモンの働きを抑えるからだとか。母親になるための体の仕組みは、驚くことでいっぱいです。

■やっぱり一番のびっくりは、「胎動」

・「こんなにお腹が大きくなるのか! と自分でもビックリ。胎動を感じるって不思議。お腹の真ん中に母子線という線が出てきて、マタニティ雑誌で見るようなきれいなお腹のママとは違うんだな、と思った」(32歳/その他/なし)

・「胎動をし出した頃、ご飯を食べ終わってからの動きがものすごく激しくて、6カ月目でも形が出るほど蹴られていたのにはビックリしました」(26歳/通信/販売職・サービス系)

この中に「赤ちゃんがいるんだ……」と、あらためて実感させられるのが「胎動」。中にはお母さんの声に反応して、おなかを蹴ってくる赤ちゃんもいるそうです。それにしても6カ月目で形が出るほど蹴ってくるなんて、なんて元気な赤ちゃん!

■まとめ

妊娠中のカラダの変化は、いいことも悪いこともあるようですが、それも全ては「赤ちゃんを産むために必要なこと」なのかもしれません。ぜひカラダの変化を楽しみながら、一生に一度の赤ちゃんとの大事な時間、目いっぱい楽しんでくださいね。

※『マイナビウーマン』にて2013年11月にWebアンケート。有効回答数252件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]