お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

今思うとちょっと恥ずかしいファッション1位「やまんばギャル」

今思うと、突拍子もないファッションが流行していた時期がありました。なんでアレが流行していたのか……。青春の一コマとともに思い起こされる、恥ずかしいファッションを読者665名 に聞きました。

【白ファッションはNG!? 男子が好きな「女子の春ファッション」】

Q.今思うとちょっと恥ずかしいファッションを教えてください(複数回答)
1位 「やまんばギャル」 36.7%
2位 「竹の子族」 30.8%
3位 「腰パン・腰穿き」 21.5%
4位 「ボディコン」 21.4%
5位 「聖子ちゃんカット」 19.6%

■「やまんばギャル」

・「肌に悪い」(25歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「わけわかりません」(47歳男性/電機/技術職)
・「昔はかっこいいと思ってました」(29歳女性/生保・損保/事務系専門職)

■「竹の子族」

・「懐かしく思います」(43歳男性/電機/技術職)
・「なぜはやったかわからん」(39歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「長い服着てどうなんだろうと思った」(27歳女性/電機/技術職)

■「腰パン・腰穿き」

・「自分もやっていたけど、今になってやっている学生を見ると、不潔でだらしなく汚いだけだから」(24歳男性/農林・水産/技術職)
・「今思わなくても、恥ずかしいかっこだと思う」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「だらだらしているのは苦手」(26歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■「ボディコン」

・「セクシーすぎるから」(44歳男性/電力・ガス・石油/営業職)
・「あんなぴっちりした服は着られないからです」(25歳女性/小売店/技術職)
・「スタイルがよければ似合うのかもしれないけど、そうじゃなければむしろダサいと思う」(26歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■「聖子ちゃんカット」

・「もっさりしてて、変だと思った」(33歳女性/小売店/販売職・サービス系)
・「母の卒業写真が聖子ちゃんカットだけど、ダサかったから」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「今の松田さんは普通の髪型だから」(34歳男性/情報・IT/技術職)

■番外編:その当時でもどうかと

・厚底サンダル・厚底ブーツ「リアルタイムだとしてもダサいと思う」(37歳男性/医療・福祉/クリエイティブ職)
・素足にデッキシューズ「どれもやりすぎで恥ずかしいと思っていた」(29歳女性/食品・飲料/販売職)
・ボロルック「すべて冷静になると変なので恥ずかしい」(29歳女性/医療・福祉/専門職)

●総評
1位は「やまんばギャル」が獲得しました。日焼けサロンで肌を焼き、縁取りのように目のまわりをメイクするというもの。当時から、どうかと感じていた人が多かったのが特徴的です。今は一転、美白ブームに。当時のやまんばギャルが、美白に戻すのは大変なのでしょうね。

2位は「竹の子族」。原宿の歩行者天国で、派手な色彩の和服のようなものを着てラジカセを囲み、踊るというもの。沖田浩之さんや、清水宏次朗さんも竹の子族出身とか。3位は「腰パン・腰穿き」。男子中高生の制服の着こなしで、ズボンをかなり下げた状態で履くというファッション。

経験者が多いのが特徴的でした。

4位は「ボディコン」がランクイン。ボディ・コンシャスの略語です。芝浦のディスコやワンレンとともに、バブルを象徴するファッションですね。もともとは女性の自己主張、解放を目指すファッションでしたが、遊び着として受け入れられました。

昔のファッションは恥ずかしい気がしますが、ある意味元気だったと言えます。現在、社会現象になるほど爆発的に流行しているものがあるかと言えば、あまり思いあたらないかも。経済状況によって人々の心境も変化し、その空気にあった流行が生み出されるのですね。

(文・OFFICE-SANGA 秋田茂人)

調査時期:2013年11月23日~2013年11月29日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性256名、女性409名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]