お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

そこまでやらなくてもいいんじゃないかと思う条例1位「家族が話し合う日を定めた『家庭の日条例』(岐阜県)」

ご当地ブームの昨今ではありますが、全国の条例にも地元色を存分に打ちだしたものがたくさんあります。魅力的なものから、なかにはちょっと首を傾げたくなるものまで――。そこで、そこまでやらなくてもいいんじゃないかと思う条例ついて、読者665名に聞きました。

【女性に聞く!ありえないと思う世界の変な法律ランキング1位「女性のパンツルック禁止(フランス)」】

Q.そこまでやらなくてもいいんじゃないかと思う条例を教えてください(複数回答)
1位 家族が話し合う日を定めた”家庭の日条例”(岐阜県) 36.1%
2位 見知らぬ子どもに声をかけてはいけない”子ども保護条例”(奈良県) 30.8%
3位 朝食はお米を食べましょうという”朝ごはん条例”(青森県鶴田町) 22.9%
4位 400平方メートル未満の家は建てられない”豪邸条例”(兵庫県芦屋市六麓荘町) 17.4%
5位 乾杯は地元のお酒(日本酒)でしようという”乾杯条例”(京都市) 17.3%

■家族が話し合う日を定めた”家庭の日条例”(岐阜県)

・「ふだんから話せばいい」(26歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「それぞれの家庭で決めてほしい」(26歳男性/情報・IT/技術職)
・「大事なのは話す内容だと思う」(27歳女性/学校・教育関連/専門職)

■見知らぬ子どもに声をかけてはいけない”子ども保護条例”(奈良県)

・「子どもを守りたいのはわかるが、さすがにやり過ぎではないかと思う」(23歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「地域の交流がなくなりそう」(29歳女性/学校・教育関連/専門職)
・「困っている子どもを助けていると、怪しまれるのかと思うと極めて遺憾」(24歳男性/食品・飲料)

■朝食はお米を食べましょうという”朝ごはん条例”(青森県鶴田町)

・「朝ごはんも好きなモノを食べさせてほしい」(30歳女性/情報・IT/技術職)
・「自由にさせて」(35歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「パン派なので」(21歳女性/商社・卸/営業職)

■400平方メートル未満の家は建てられない”豪邸条例”(兵庫県芦屋市六麓荘町)

・「小さくてもセンスがあったらいんじゃないかと思う」(30歳女性/学校・教育関連/営業職)
・「贅沢」(27歳男性/運輸・倉庫)
・「サスガ! と思う」(31歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)

■乾杯は地元のお酒(日本酒)でしようという”乾杯条例”(京都市)

・「乾杯は自分が飲みたいものでしたい」(24歳男性/団体・公益法人・官公庁)
・「推奨条例らしいが、PRにもなっていないと思う」(27歳男性/情報・IT/技術職)
・「まぁ、地元の活性化にはなるからいいとは思うが」(22歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

■番外編:環境保全も大変なんです

・鈴虫を捕ってはいけない”すずむし保護条例”(長野県松川村)「捕る人ははじめからいないと思ったので」(32歳女性/金融・証券/事務系専門職)
・きれいな星空を守るため、照明を外に漏らしてはいけない”光害防止条例”(岡山県井原市美星町)「守るのがかなり大変そう」(30歳女性/金融・証券/事務系専門職)
・釣った外来魚を湖に戻してはいけない”リリース禁止条例”(琵琶湖)「後始末が大変」(30歳男性/自動車関連/技術職)

●総評
1位は「家族が話し合う日を定めた”家庭の日条例”(岐阜県)」でした。家庭の大切さや家族のあり方について見つめなおそう、との願いから生まれた条例のようです。家族で話し合う機会はそれほど減ってきているのでしょうか。

ちなみに「家庭の日」は、毎月第3日曜日と定められています。月イチで話し合う家族というのも寂しい気もしますが……。

2位は「見知らぬ子どもに声をかけてはいけない”子ども保護条例”(奈良県)」でした。挨拶などを禁止するものではないようですが、「正当な理由なく」というのが難しいところ。はたから見て状況はわかりませんから、声をかけただけでも通報される恐れが!? 防犯意識は必要ですが、地域のコミュニケーションがなくなったら悲しいですね。

3位には「朝食はお米を食べましょうという”朝ごはん条例”(青森県鶴田町)」が入りました。朝食をとらない子どもが増えてきたため、朝ごはんをきっかけに食生活を見つめ直そうというのが目的。鶴田町は米どころでもあり、米食を推進する狙いもあるようです。

4位「400平方メートル未満の家は建てられない”豪邸条例”(兵庫県芦屋市六麓荘町)」は、さすが高級住宅地・芦屋ならでは。マンションもNGで、住民の希望によって制定されたそう。5位「乾杯は地元のお酒(日本酒)でしようという”乾杯条例”(京都市)」と似た取り組みは、ほかの自治体でも行っています。

旅先ではご当地の味を楽しむのもいいですね。
(文・OFFICE-SANGA 丸田十五)

調査時期:2013年11月23日~2013年11月29日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性256名、女性409名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]