お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

映画で「あ、この人死んじゃうかも」と分かる死亡フラグ1位「『気をつけろよ』と言われ、『はいはい』と軽く聞き流す」

映画やドラマを見ているときに、「この先はこうなるのでは……」と予測してしまうことはありませんか?特に、後々死ぬ登場人物には、死への伏線となるシーンがあるもの。それに気づき、最期を見届けたときには「やっぱりね!」と思ってしまいます。

【原作派? 映画派? 女子たちが「実写映画化した漫画で好きなもの」】

今回は、そんな死亡フラグの定番について、読者665名に聞いてみました。

Q.映画やドラマなどで、「あ、この人死んじゃうかも」とわかってしまう死亡フラグを教えてください(複数回答)
1位 「気をつけろよ」と言われ、「はいはい」と軽く聞き流す 25.0%
2位 一人で見回りをしている警備員 18.5%
3位 もうすぐ誕生する子ども・孫について嬉しそうに語る 17.6%
4位 もうすぐ結婚することを自慢する 16.7%
5位 自分の過去を突然語り始める 15.6%
5位 家族のために、犯罪集団を抜けようとする 15.6%

■「気をつけろよ」と言われ、「はいはい」と軽く聞き流す

・「そんなときこそ、すぐそこに危険が迫っていると思う」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「油断している感じが危ない」(26歳女性/生保・損保/事務系専門職)
・「あれが最後の会話だった……みたいになる」(24歳女性/機械・精密機器)

■一人で見回りをしている警備員

・「建物の裏手とかに回って、モンスターか殺人鬼にざっくりやられるパターンを何度見たことか」(26歳男性/マスコミ・広告)
・「単独行動する人は死ぬ」(27歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「これは何か出てくるぞ! って合図。で、大体正体不明のものとか、背中しか映らない犯人とかに殺されちゃう」(45歳女性/警備・メンテナンス)

■もうすぐ誕生する子ども・孫について嬉しそうに語る

・「これから幸せな未来が待っているのを予感させておいて、死んじゃうってパターンが多い気がする」(41歳男性/自動車関連/技術職)
・「生まれ変わりと言われるようなパターンが多い」(27歳女性/電機/技術職)
・「こういうのは、わかると見ていて残念になる」(40歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/技術職)

■もうすぐ結婚することを自慢する

・「だいたい、いいことがあると、やばいことが多いです」(28歳女性/ソフトウェア)
・「『俺、この戦いが終わったら結婚するんだ……』って言ったキャラ見ると、『うわー! 言っちゃったー!』って思ってしまいます」(26歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「幸せそうな人が死ぬケースは多いから」(36歳男性/通信/技術職)

■自分の過去を突然語り始める

・「死にそうなのが丸分かり」(33歳女性/小売店/販売職・サービス系)
・「絶対死んでしまう、お決まりのパターン」(32歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「映画やドラマで、プライベートな部分が出てきた人は死亡するような気がする」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■家族のために、犯罪集団を抜けようとする

・「そういう人は殺されてしまうシナリオが多いと思う」(29歳女性/金融・証券/販売職・サービス系)
・「いかにも死んでしまいそうな場面で、行われる行為のような気がする」(44歳男性/電機/技術職)
・「その人が死んで、物語が始まるパターン」(26歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■番外編:「やめておけ!」と言いたくなるフラグの数々……

・誰かに神社へ呼び出される「間違いなく殺される予感がする」(33歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・権力者を強請ろうとする「金銭を要求して殺されるのはお決まり」(34歳男性/小売店/販売職・サービス系)
・危険な場面で、恋人にプロポーズ「死亡フラグが立ったとドキドキする。それで死なないのも、意外性があってまた良し」(22歳女性/情報・IT/技術職)

●総評
1位は「『気をつけろよ』と言われ、『はいはい』と軽く聞き流す」でした。「あのとき、もっと強く忠告していれば……」という台詞まで聞こえてきそうですよね。このやり取りが登場すると、「死亡フラグが立った!?」とその後の展開にドキドキしてしまいます。

続く2位は、「一人で見回りをしている警備員」。物語の冒頭で、見回り中にあっさり殺されてしまうといった展開が予想されます。特にホラーやサスペンスではよく見かけるシーンですね。少しかわいそうな役どころですが……。

3位には「もうすぐ誕生する子ども・孫について嬉しそうに語る」、4位には「もうすぐ結婚することを自慢する」がランクイン。家族や婚約者の自慢は、まさに死亡フラグの定番。幸せそうに語る登場人物の笑顔が、その後の悲劇を予感させます。

ランキング外では、「誰かに神社へ呼び出される」という回答も。スクリーンやテレビ画面の前で、「行くな! 殺されるぞ!」といくら叫んでみても、登場人物には届きません。
自分を待ち受ける運命を知りもせず、ノコノコと出かけてしまいます……。定番フラグではありますが、だからこそドキドキ、ハラハラが増すのかもしれませんね。
(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)

調査時期:2013年11月23日~2013年11月29日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性256名、女性409名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]