お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

人生のがけっぷちにいる女子の特徴「元彼の借金を背負う」

失恋や給料カットなど、数々の不幸が押し寄せてくると、人生のがけっぷちに立たされているような気がしてしまいます。落ちないように必死にもがく姿は、他人にはどう映るのでしょうか。女性読者265名にうかがいました。

【妥協できない? 出費がかさむ? 未婚女子の「婚活の悩みエピソード」】

■女性編

・「いきなり髪を切ったり、物を捨て始めたりする」(27歳/学校・教育関連/専門職)
・「35歳を越えても不毛な恋愛(不倫)をしている人」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「仕事も恋愛も中途半端なのに改善しようとすらしないばかりな女の子」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「金遣いがあらい」(36歳/情報・IT/技術職)
・「彼氏が全然結婚を申し込んでくれないけど、新しい相手を見つけるのも大変な人です」(28歳/ソフトウェア)

仕事や恋愛がうまくいっていない人が多いようですね。まさにがけっぷちにいる人に対し、「がんばれ!」「負けないで」とたくさんのエールが寄せられています。一方、男子はどう思うのでしょうか。男性読者155名にも意見を聞きました。

■男性編

・「自分もそうだから共感持てる」(31歳/学校・教育関連/専門職)
・「結婚という単語に敏感に反応する人」(34歳/通信)
・「元彼氏の借金を背負う人」(31歳/金融・証券/専門職)
・「SNSの書き込みが必死」(40歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・「結婚を焦り始めたら崖っぷちかなと思う」(30歳/小売店/事務系専門職)

とにかく結婚に対するコメントが多かったのが印象的でした。婚活に必死すぎたり、適齢期を意識しすぎたりすることが、がけっぷちをイメージさせる模様。未婚が悪いわけではないですが、アラサー以上の独女には「何か問題があるのかも?」と思うようですね。

調査期間:2013/9/25~2013/9/30
有効回答数:男性155名、女性265名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]